e-Taxで確定申告送信

本日3月15日は確定申告の締め切り日ですね。

住宅ローン控除と消費税還付申告に関する明細書について書き方が分からなかった為、昨日はサラリーマンをお休みをし、確定申告の相談が出来る窓口へ行ってきました。

中途半端な時間に行くと混むので開始時間の9時前に行ったところ、既にかなりの人数が列を作っており、案内されるまで30分以上待ちました。

1489449162837.jpg

住宅ローン控除についてはチャチャっと済ませましたが、源泉徴収額や配偶者控除を入れるのを忘れておりました。ふぅー気づいてよかったです。

次に本題の消費税明細書について書き方を聞きました。書き方は何となく理解でき、実際に金額を用紙に記入していったのですが、何故か「消費税確定申告書」の金額と合わない・・・。なんだかんだ税務署の方に1時間ぐらい対応してもらいましたが、結局解決できず、再度家で青色申告ソフトで自動計算されてくる金額と見比べ、、、やっぱり合わない。

青色申告ソフトは弥生の青色申告を利用しているのですが、まずオンラインのデータをデスクトップ版にインポートしても双方で何故か金額が合わない。サポートセンターに電話しながら的確なアドバイスを頂いたのですが、それでも解決できず。

デスクトップ版なら消費税明細書も同時作成出来るのでデスクトップ版を買ったのに使い物にならず。最初からデスクトップ版を使っていたらこんな事にならなかったのかもしれませんが、やむを得ずオンラインを継続する事にしました。

消費税申告の期限は3月末までなので金額が合わない件はもう少し原因調査をしてみようと思いますが、そこまで大きな差ではなく、もし間違っていたら連絡が来ると思うのでとりあえずこのまま申請する事にしました。

2013-06-27_115323.jpg

そして今年からマイナンバーカードでe-Tax送信に試みました。一度固定資産税のLe-Taxも体験済だったのでそれほど難易度は高くありませんでした。自宅に居ながら申告書を送信出来るのはいいのですが、今回は住宅ローン控除を受けるために多数の書類の原本を郵送しないといけないのが面倒です。(一部の書類はPDFで添付送信出来るようです)

ふぅーとりあえず今年度の確定申告から開放されそうです。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

住宅ローン控除MAX50万円!!

確定申告に合わせて住宅ローン控除も申請します。

住宅ローン控除の詳細は他のサイトで詳しく載っているので省きますが、簡単に言えば、住宅ローンの残高の1%が10年に渡って還付されるものです。。

我が家の場合は長期優良住宅なので10年間で最大500万円(年間50万円)控除されます。

しかし、誰でも年間50万円の控除を受けられるわけでもなく、MAX50万円の控除を受けるには最低限5000万円以上の住宅ローンを組んでいる必要があり、更に500万円の控除を受けるにはローン残高が10年後も5000万円以上残っていないとMAX500万円には到達しません。恐らくMAX500万円の控除穏健を受けるには8000万円以上のローンを組んでいないとダメですね。

まぁ一般の人はここまで組んでいないので単純に年末残高の1%が控除出来ると思っていればいいでしょう。例えば年末残高が2000万円なら20万円、3000万円なら30万円、4000万円なら40万円。

で、我が家の場合は年末に融資が実行されたばかりで年末残高がたくさん残っているので今年と来年あたりはMAX50万円控除できます=ある程度我が家の金額と借入金が分かってしまいますねf(^^;)

最初は50万円控除されますが、その後は年々残高が減っていくので10年後の控除額は35万円ほどになりそうですが。

kakutei20170311.jpg

ちなみに我が家の場合はフラット35Sが90%、変動金利10%の組み合わせです。住宅ローン控除は両方の年末残高証明書があれば合算して申請が可能なようですので合算申告します。

他にも火災保険に付随する地震保険も控除出来るので出来るものはどんどん控除していきます。

住宅ローン控除の注意点としては借り入れ金額と請負金額のどちらか低い方で申請していきます。よって建物以外に家具や家電、その他費用として多めに借りている人は注意が必要です。例えば、銀行から4000万円借りたとしても請負契約書に記載されている金額が3500万円だとすると住宅ローン控除は4000万円の1%ではなく3500万円の1%となります。たかが1%ですが、金額が大きいのでこれだけで5万円の差となり10年スパンでみると50万円も違ってきます。

銀行側も請負契約書に記載されている金額までしか貸してくれない事が多いので多めに借りたい場合は請負契約書の金額を多めに見積もってもらう事が多いのではないでしょうか?もし借入金よりも請負契約金の方が低ければ追加請負契約書を発行してもらえばOKです。ちなみに我が家の場合は追加工事や外構費が大きく膨らんだ為、当初の請負金額に加え、増額分の追加請負契約書を発行して頂きました。

住宅ローン控除の方法ですが、毎年1月~2月ぐらいに説明会があったりしますが、自分は自分でやり遂げました。なんか難しいイメージがありますがネットで「住宅ローン控除 書き方」って検索すれば書き方の例が出てきます。請負契約書と年末残高証明書があれば30分ほどで完了です。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

確定申告準備中

確定申告の期限が15日なのでほとんど時間がありませんが、頑張って確定申告の書類を作成中です。手書きというより青色申告ソフトにひたすらデータ入力ですが、何とかゴールが見えてきました。ほぼほぼ入力し終わっているので最後に仕訳帳と通帳とのお金の流れを照らし合わせるだけです。

81jtATdF0hL.jpg

実はデスクトップ版の青色申告ソフトをわざわざ購入したのですが、オンライン版の方が使いやすい為、そのままオンライン版を使用しています。一応オンラインのデータをデスクトップ版にインポート出来たのですが、手直しが必要な部分がたくさんあったり去年の報告書と金額が合わなかったり・・・。

デスクトップ版のメリットは消費税還付の申告も一緒に出来る点ぐらいでオンラインの方が画面がシンプルなので、私みたいな初心者には使いやすいです。でも、ダブルで料金を払うのはバカバカしいのでどちらかに決めなければ。

また、今年はマイホームを建てたので住宅ローン控除や地震保険控除も一緒に申告します。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

屋根設置の太陽光発電の償却資産(固定資産税)について

下記はあくまで浜松市の場合ですので、各地方自治体の資産税課にお問い合わせください。

イシンホームの太陽光は屋根に隙間なく綺麗に並んでいますので屋根一体型に見えます。矩計図ではソーラ葺き屋根と記載されていましたので自分も屋根一体型と勝手に思い込んでいました。太陽光に関連する記事はコチラ

しかし、営業さんに改めて確認したところ、イシンホームの場合は屋根一体型ではなく、固定資産税の対象外となる架台設置に分類されるそうです。ただ、素人から見たらどうみても一体型に見えてしまうので家屋調査時に太陽光が一体型と誤判定され課税評価対象となっていたら困るので、家屋調査課に確認しました。結果、家屋側では一体型ではないと判断されており、課税対象外になっていました。ふぅーよかったです。ちなみに一条工務店は屋根一体型のようですので課税対象になります。

判断基準は下記をご確認下さい。
shoukyakusisan.jpg

しかし、今度は事業用途の償却資産(固定資産税)に該当する可能性があった為、償却資産税課に問い合わせをしました。

償却資産税については家屋調査の基準と異なり、屋根一体型ではなくても10kw以上の全量だと事業と見なされ償却資産税の申告が必要とのことでした。しかし、我が家の場合は10kw以上でも余剰の為、事業用とは見なされず、課税評価対象外というでした。こちらについてもよかったです。

但し、10kw以上の太陽光を搭載している8割以上の方が全量買い取りだと思います。つまり屋根一体型ではない方(架台設置)で家屋調査では対象外(非課税)となっても償却資産税は課税される事になります。詳細は下記の表を見て頂けたらと思いますが、個人でも10kw以上の場合は20年間安定して売電収入を得ることが出来る為、残念ながら事業と見なされ、年間の売電収入が20万円を軽く越すと思いますので雑所得にて申告が必要になってきます。

shoukyakusisan1.jpg

自分みたいに発電所をいくつか所有しており、高額の売電収入を得る場合は個人事業として開業し、青色申告をした方がお得になります。但し、50kw未満の小さい発電所では規模が小さいと見なされ、個人事業の域に達しないと判断され、雑所得扱いになるそうです。(最終的には税務署判断になりますが)

ちなみに償却資産については自己申告が必要になります。自己申告にも関わらず申告漏れ(要は脱税)だとペナルティーが発生しますので10kw搭載している方はキチンと償却資産税の申請もしましょう。こちらも市に問い合わせれば申請用紙を一式送ってくれます。

また、これまで固定資産税が2/3に減税される優遇がありましたが、2016年4月1日以降に連系した発電所は対象外となってしまったようです。こちらも市の担当者に確認しましたが、設備認定取得日ではなく連系日(運転開始日)を基準としているそうです。

長野県飯田市のホームページに詳しく記載されていますので初心者は一読しておくといいかもしれません。

税金関係は非常に難しいです。

励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

やよいの青色申告ソフト購入

81jtATdF0hL.jpg

確定申告の時期が近づいてきています。

去年は「やよいの青色申告オンライン」にお世話になったのですが、今回はディスクトップ版に切り替えました。

大きな理由は消費税申告がオンラインでは出来ない為。太陽光をやっており、消費税還付をしたい方にとってはソフト上で出来るか出来ないかが重要ポイントです。去年はオンライン版だったのでソフト上で出来ず、最終的には税務署の方が作成してくれて無事還付金を受け取れたのを思い出します。過去の記事はコチラ

ソフトは弥生のホームページからもダウンロード版として購入出来るのですが、ダウンロード版なのに12800円と何故か高い。近所のヤマダ電機に行ったところ9980円で販売されていました。しかし、他の家電量販店のチラシに9480円と掲載されていたのでチラシをヤマダ電機に持ち込み同額の9480円にしてもらって購入しました。

早速インストールしてソフトを立ち上げたところ、オンライン版と全然違うレイアウト構成だったので戸惑いました。しかも、去年作成したオンライン版のデータをエクスポートしてディスクトップ版にインポートしようと思ったのにインポートボタンがグレー表示でクリック出来ない。とりあえずサポートセンターにヘルプを求めてみようと思います。

励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村