第2発電所連系後初売電収入

記事の投稿が遅くなってしまいましたが、第2発電所を8月7日に連系してから初の売電収入を得ることができました。
天気があまりよくなかったのでどうなるか心配でしたがそれでもまずまずの発電結果となりました。
でも正直、夏の目標は30万円だったから残念・・・。
ちなみに10日締めなので下記は34日(初月のみ)のデータです。

■第2発電所
カナディアンソーラー54.9kw
発電量:6,642kwh
売電収入:229,547円

ちなみに第1発電所も7月と比べると激落ちです。
■第1発電所
シャープ11.76kw
発電量:1,145kwh(前月2,053kwh)
売電収入:39,571円(前月70,951円)
スポンサーサイト

検討中の分譲案件について

3週間ほど前に地銀へ相談した三重県の分譲案件
先週半ば、担当者から返答があった。

過去記事はコチラ

いろいろ言われましたが、結論から言うと担保がなければ難しいとのことでした。
当案件は借地だったので担保に出来ず。
現在の第2発電所を担保とすればOKかもとの回答だったが父名義で無理を言って太陽光をやらせてもらったので担保提供までは正直難しい。

三重県の案件は40区画ほどある大型分譲地。
賃貸の為、初期投資は低く抑えられる反面、デメリットが川のすぐ隣。
このところ、大雨による川の氾濫や堤防の決壊など水害をよく聞く。
一応、三重県のハザードマップを調べたところ、洪水にはならないエリアだった。
しかし、海が近いので地震による津波が来たら即アウトエリア。
そのようなリスクがある為、今回は引き下がることにしました。

またいい案件があったら相談する事とします。

My発電所総工費

第1発電所と第2発電所の総工費を公開します。
ちなみに業者はそれぞれ違います。

■野立て 54.9kw
 太陽光工事一式: \12,800,000
 土地購入費、賃貸料:\0(父所有)
 フェンス:\490,000(施工はDIY)
 造成:\1,100,000
 排水工事:\54,000
 中電工事負担金:\414,000
 農転費用:\50,000(残りは20万円は業者負担)
 その他分筆、測量など一式:\650,000(住宅用地含む)
 グランドカバー用クラピア:\20,000(144ポットから繁殖中)
 監視システム(エコめがね):サービス
 10年動産保証込み
 トータル:\15,578,000
 表面利回り:14.14%

■アパート屋根 11.76kw
 太陽光工事一式:\3,500,000
 屋根貸し賃貸料:\0(父所有)
 工事負担金:\0
 15年動産保証込み
 表面利回り:14.28%

◇総額:19,078,000

野立てに関しては造成、分筆、測量などでかなり予算オーバーしてしまいました。
でも、今回は土地を買う必要がなかったので利回り14%を達成したのでまずまずかな。

静岡県浜松市→大雨に引き続き台風ほぼ直撃

全国的にニュースでやっていたのでご存知の方もいるかと思いますが、昨日の大雨で我が地元の浜松市のいたるところで冠水被害が。
自分は仕事だったので一番酷い状態を見ることは出来なかったのですが、自宅の周りも結構水が溜まっていたようです。

発電所は盛土をした為、特に被害はありませんでしたが、南と北の用地はまた池状態になってました。
年末あたりから北側の用地(自宅建築予定地)も盛土していくのですが、どのくらい盛土すればいいか悩みます。

下記写真は冠水した道路にフェラーリが。
さすがにこの雨の中フェラーリーで出掛けるのもどうかと思いますが、もしかしたら駐車場が冠水しそうだったので移動しようと思ったら「時既に遅し」だった可能性もあります。
自分もフェラーリーには全然及ばないが車高が低いセダンを所有しているので人事ではありません。
冠水

昨日は仕事中も大雨による避難勧告関連のエリアメールが鳴りまくりです。
緊急地震速報のあの独特な音です。

昼休みには食堂に集まった従業員のケータイから一斉になります。
まるでケータイという楽器で奏でた演奏会で笑うしかありませんでした。

それよりここのところ雨や曇りばかりでなかなか発電してくれていません。
連系してからもうすぐ初伝票が届くはずなのですが、どうなんだろう・・・。

夕方にはすっかり雨も引いてくれたのはいいのですが、本日は大雨に引き続き台風ほぼ直撃です。

台風

6時に目覚ましをセットしていたのですが、風の音で先に起きてしまった。
風は強いものの雨はそれほぼ降っていなかったので早速見回り。
台風が来ることで気になるものは
・ガレージのシャッター(電動式なので壊れたら車と共に修理費が・・・。)
・くるま
・発電所
・ポットに入った高級クラピアたち

早朝見回りの結果、全て無事でした。
が、これから更に接近とのことで心配は続きます。
仕事帰りに再び見回りをするつもりです。

2015.09.11追記
台風通過後、仕事帰りに発電所を確認してきました。
パネル、クラピア共に全て問題なく一安心しました。
そして久しぶりの青空が続いています。
しかし、今度は関東地区で浜松以上の甚大な被害が出ており、大変なことになっています(ーー;)

サラリーマン副業→マイナンバー制度の危機

多くのサラリーマンが太陽光やアパート経営をやっているかと思います。
そもそも、それらを本業としている方のほうが少ないですよね?

厳密にはこれらは副業ではなく副収入という扱いになるかと思います。

でも、実際、会社に確認し辛いのも確かです。
アパート経営ならメジャーですが、太陽光なんてまだ日が浅いので会社としても判断出来ない→「ダメ」というオチになりかねない。
私もその1人で確定申告での住民税を自分で納付するように申請するつもりでした。

まず下調べとして会社にアパート経営について問い合わせしてみました。
実際、第一発電所は父所有のアパートの屋根に太陽光を載せておりいずれ相続として受け取る可能性があった為。

結果、「”不就労” 且つ ”業務に支障がでない範囲”」ならOKという回答を頂きました。

おっ!コレなら太陽光もいけるのか?と、思いつつも太陽光の事は聞くのを伏せていました。

しかーし、会社から「マイナンバー制度のお知らせ」が来ました。
調べてみると住民税など全て会社側で把握できることになり、住民税の金額が他の方と大きく違うとマイナンバー制度で副業がバレる可能性が非常に高いというもの。

マイナンバー制度が始めったらさすがに黙ってはいられない、小さい会社ならまだしも副業規定がしっかりあり従業員数3000人オーバーの会社(静岡県内トップ5位内←初耳)に努めており、バレてからでは遅いので渋々会社に確認してもらいました。

回答は家賃収入と同じ扱いで「”不就労” 且つ ”業務に支障がでない範囲”」でした。

しかも、総務の方から「他の方も野立て太陽光やってる方いるよ!」って!
従業員3000人入ればそりゃ中にはいるよね。

ホッと一安心で肩の荷が下りました。
これでもっと発電所を増やせるかも(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。