マイホームのその後→再始動

保留になっていたマイホーム。
何とか金額の折り合いが付いたのでそのまま契約した業者で進めることとなりました。

これまでの打ち合わせでほぼ間取りが確定して構造計算寸前だったが、B社から提示されたプランが気に入ってしまった為、再度Newプランで進めます。振り出しに戻ってしまったので設計士さん、営業さんゴメンナサイ・・・。

旧プラン
メガソーラー外観
                      ↓↓↓↓↓↓
新プラン
新プラン外観

予算を削ろうとしたのに延床が更に2坪増えて5LDKで53.34坪(笑)
バルコニー、吹き抜け、玄関ポーチ、1.4m天井高収納部屋なども含めた施工面積に換算すると73.5坪・・・そりゃ高いに決まってると痛感。。

家の形も若干変わったことにより、屋根の形状も変更になり、より多くの太陽光パネルが設置できるようになった。
旧プラン:63枚(17.64kw)+ガレージ:42枚(11.76kw)=105枚(29.4kw)
新プラン:80枚(22.40kw)+ガレージ:42枚(11.76kw)=122枚(34.16kw)

しかーし、設備認定は旧プランに合わせて申請してしまっている為、122枚は無理で112枚なら過積載でギリギリ大丈夫ってとこ。
仮に大丈夫だったとしてもパネルが増えると家の金額も上がるので一部を切妻屋根にして計104枚(29.12kw)で妥協デス。
本当は30kw超えてみたかったんだけど諦めます。。たぶん・・・。

太陽光パネル5kw無料キャンペーンの対象が260wパネルだったので260w採用しましたがその業者では310wパネルの取り扱いもあり、310wで122枚載せると37.82kw。
ワォーォ!!!!!

2nd打ち合わせはこれからですが、既に農転と都市計画の許可が旧プランで下りてきているのでとりあえず地鎮祭は2月3日の節分の日に実施。その後から造成→地盤改良→着工で完成は9月末ぐらいかな?
まだまだ先です。
スポンサーサイト

住宅メーカー再検討

マイホーム計画ですが、依然ストップしたままです。
何故か?単純に高いからです(笑)
土地無しで5500万円です。

本当に適正価格なのか確認する為に桧家住宅の他に当初検討していたB社に再度足を運びました。
で、最初に提示された価格がコミコミ5200万円で今契約しているA社よりもいきなり300万円安い!!

ただ、A社とB社を比較すると売電費用の差が400万円、断熱性能が標準レベルであまりよくない。
B社にA社と極力同じ仕様にするようお願いしたところ、仕様をグレードアップしたにも関わらず価格据え置きどころか大半をサービスして頂き特別価格4670万円の提示。A社と比較し、830万円の差が出たのでさすがに心が動きましたね。

ただ、それでもまだ仕様が劣っていたり構造がホワイトウッドの集成材だったりと…。
何もかもA社と同等仕様にするとコミコミ4850万円。

A社には契約金100万円払っていますし多少の仕分けで5300万円ぐらいに落ち着きそうです。
と、なると差が450万円、売電収入の差が400万円で実質50万円ほどしか変わりません。
実際は借入金も減るので利息の差も出てきますが。

B社は標準仕様度外視のオプション盛々仕様。
ただ、標準ではない施工が多いのでちゃんと綺麗に施工してくれるかが問題デス。

標準     変更後
アルミサッシ→樹脂サッシ
グラスウール→発泡ウレタン
サイディング→シーリングレスサイディング

恐らくB社で値引き無しでA社と同等仕様に普通にしたら6000万円ほどしそうなレベルです。
通常の値引きではありえない1200万円ほど引いてもらっています。
逆に1200万円も値引きされるときちんと施工されるか心配になってしまいます。
どーしても契約が欲しいみたいですね。

分かったこと、、、今の契約しているA社の価格は適正価格もしくは安いという事。
ローコストあるいは中堅メーカーで大幅な値引きがなければ対抗するのすら厳しい。
大手であれば6500万円~7000万円ぐらいが妥当か。

今週いっぱいぐらいまでに決めないといけないのですが、悩みます。
家を小さくすればおのずと金額も減少していくのですが、そこそこ拘りがあるのでそのままいきます。

2015年11月の売電報告

皆さんも11月は良くなかったようですが、
私のもとにも明細が届きました・・・。

多少の期待はあったもののやっぱり良くないですね。
ローンの支払額とほぼ同額です(;´Д`)


■第2発電所
カナディアンソーラー54.9kw
発電量:4,479kwh
売電収入:154,794円

■第1発電所(アパート屋根)
シャープ11.76kw
発電量:1,035kwh
売電収入:35,769円

マイホームはどーなった?

保留となっているマイホームのお話です。

現在、契約しているメーカーの総額は5950万円です。
建物(諸費用やその他費用等)のみの価格で土地は入ってないですし、ヘーベルや積水などの大手ハウスメーカーでもありません。

金額を圧迫しているのは26.8KWの太陽光パネルと断熱性能です(笑)
5950万円のマイホーム、、、高いですよね。

さすがに5950万円のフルローンは背負えないので
見積書とにらめっこして何とか5400万円に収まるかなってとこです。

ローコストと大手の真ん中あたりにいる桧家住宅で相見積もりを取ったらどうなるかなって思い、事前に見積りをメールで送ってみました。
そしたら予想を反して「ウチの方が高いです・・・」って。
マジかぁーじゃ、今の5950万円は適正価格?もしくは安いのか?アレ?

約1年前に検討していたもうA社にも見積りを取ってみました。
営業さんが頑張ってくれ、今のメーカーよりも300万円ほど安い価格が提示されました。

ただ乗り換えるとなると契約金の100万円は捨てる事になります ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
でも間取りと開放感はA社の方が好きカモ。

ただ最大の欠点は売電価格が32円で取得済の設備認定が27円になってしまうこと・・・。
同じパネル容量でも単結晶と多結晶の発電量の違いと32円と27円の差を20年間の売電価格に換算すると400万円の差が発生します。
と、いう事でせっかく300万円安いA社に乗り換えても最終支払額と比較すると今契約中のメーカーの方が安いという結果に逆転しちゃいます。

単結晶:32円・・・20年間で2334万円(675,400kw)
多結晶:27円・・・20年間で1925万円(660,220kw)

たった5円の差でここまで差が開くとは驚きです。
なので、そのまま契約中のハウスメーカーで建てようかな…悩む(。-`ω´-)んー