一条工務店の太陽光について

今日は一条工務店の太陽光について記事にします。

現在のハウスメーカーに決める前に地元に本社がある一条工務店とも迷っていました。今は買取価格が下がってしまったのでどうなのか分かりませんが、その当時は一条工務店も太陽光発電を全面に押し出していました。ずーとキャンペーンを行なっており1kwあたり29.8万円(税抜)でしたが、今もそうなのかな?

一条工務店って聞くと古臭いイメージがありましたが、数年前に発売された「i-smart」というシリーズがバカ売れし、地元に限らず今では全国のあちらこちらに同じような外観の全面タイルの家が建ち一躍有名になりました。私も展示場を見て「i-smart」に関しては気に入りましたが、話を進めていくうちに一条ルールというものが多数あり自由が効かず時期的に坪単価も徐々に上がっていた為、最終的には辞めましたが、「i-smart」がここまで売れたのは標準で片流れ屋根を採用したことで10kwの太陽光パネルが載り、坪単価は大手よりは手頃で高気密高断熱、樹脂サッシ、標準仕様がそこそこ良い、全館床暖房が標準、全面タイル外壁が激安の為かと思います。

私の場合はいろいろあり最終的にはイシンホーム系列の業者に決めたわけですが、一条工務店に限らず大手だと似たような外観の家になってしまうのでどこのハウスメーカーで建てたか一目瞭然でオリジナリティが低いですよね・・・。

話が脱線しましたが、太陽光のスペックに話を戻しますかね。

【太陽光パネル】
一条工務店:205w(1326mm×1018mm)
イシンホーム:280w又は320w
(1639mm×983mm/1559mm×1046mm)

【パワコン】
一条工務店:田淵
イシンホーム:SMA

我が家の屋根の大きさに換算すると
一条工務店:23.37kw(205wパネル114枚)
イシンホーム:31.92kw(280wパネル114枚)
イシンホーム:36.48(320wパネル114枚)

イシンホームも一条工務店共に屋根一体型太陽光のお家ですが、性能と容量が大きく違うので20年間の売電でみるとかなりの差が生まれるかと思います。パネルの大きさは僅かにイシンホームの方が大きいですが、そこまで大きな差ではないので同じ屋根の面積で比較すると一条工務店のパネル性能が低すぎるのが分かります。このご時世に205wは寂しいですね。

更に一条工務店でも野立てが出来ます。こちらも屋根同様に1kwあたり29.8万円(税抜)だったかと思います。さすがに太陽光専門業者に頼んだ方が圧倒的に安いですね。しかも、一条工務店の野立ては架台と杭も含めオール木製です。一応防腐処理してあって20年は持つみたいですがちょっと心配です。20年後の処分費は木の方が安いのかな?いや、金属のほうがリサイクル出来てお金になる?

また、普通ならば太陽光設備に掛かった費用は住宅ローンに上乗せしなければならず、土地から購入すると予算が太陽光まで回らなくなる可能性があります。しかし、一条工務店は「夢発電」という名の独自の返済システムが存在し、太陽光発電に掛かった費用は一条工務店が全額立て替えしてくれて売電収入を元に返済していってくれます。(※金利1%分引かれます。現在は1.5%?)そして太陽光(10kwあたり300万円程度?)に関連する全ての支払いが終わったらそれ以降(約10年後)の売電収入は自分の手元に入金される仕組みです。

もう買い取り価格24円になっちゃいましたが全量買い取りの太陽光を武器に売り出していたハウスメーカーの景気はどうなんでしょうね・・・。セキスイハイムやミサワホームでも便乗して10kw搭載出来るソーラーハウスが登場しましたが、一条工務店とは違い街では全く見かけません。商品開発に掛けた費用は回収できたのかな?

以上、一条工務店の太陽光のお話でした。
スポンサーサイト

増設の軽微変更認定OK

2015年10月に申請をした増設案件の軽微変更認定がやっと今週下りたようですが、申請してから下りるまで5ヶ月・・・。正直、時間が掛かり過ぎです(怒)
一緒に申請した27円案件の設備認定の方が2ヶ月も早く下りているので軽微変更の優先順位は低くて後回しなのかしら・・・?計画では今月ぐらいには工事が終わっていたはずだったのに・・・。

ちなみに27円案件の工事費負担金はまだ来ていませんが、業者から中部電力に確認して頂き、27円確定でOKを頂きました。確約が出る前から農転準備を先行して進めていましたので、早ければ来月には農転許可が下りそうです。

27円案件の工事費負担金が出てこない・・・。

27円案件の設備認定は2015年12月に下りたもののまだ中電から工事費負担金の連絡が来ません。東電エリアと違い、中電エリアは工事費負担金が下りてやっと27円確定ですのでもう日にちがありません。業者から中電に確認してくれているようですが、間に合いますように(-人-)オネガイ

既存発電所と同じ電柱に繋ぎますし規模も20kw弱と大きくないので工事費負担金なしもしくは格安だったら尚有難いですが、検討に3ヶ月も掛かるのか?残すとこ3月もあと数日ですが、工事費負担金が出るまで油断できません。

2016.03.30更新
工事費負担金は出ていないままですが、中電から27円確約を貰えました^^

地盤調査結果

地盤調査から1週間後、地盤調査結果が出ました。結果、液状化要注意地区だけれど木造程度の重量なら地盤改良不要でベタ基礎のみでOKという判定が出ました。

この結果は一条工務店で地盤調査をやってもらった時と同じでした。これでホッと一安心です。

さぁて、地盤改良不要と出たにも関わらず敢えて地盤改良を行おうと悩んでいます。地盤改良するなら一般的な柱状改良工法ではなく液状化に強いといわれている?砕石パイルというものです。砕石パイルが60万円、その上に敷く砕石マットというものが40万円で計100万円です。この改良工事をやらなければ100万円浮くのですが、安全を取るかコストを取るか・・・。

マイホームまたまた予算オーバー(汗)

間取りがほぼ確定し、再度見積りを出して頂きました。結構削って予算内に収まるようにしたはずが、、、まさかの300万円オーバーです。見積書とにらめこし、一部計上ミスや住設の一部を施主支給にするなどしてなんとか200万円は削れました。あと100万円は価格の再確認や施主支給追加等で調整可能か営業さんに確認中です。あー困ったもんです。

現在、構造計算中で結果が出るまで1ヶ月半~2ヶ月掛かるため、着工はGW前後となる見込みです。着工~完成まで5ヶ月ほど掛かるみたいなので早くて10月ぐらいかなって思っています。

また来週末打ち合わせです。

確定申告→訂正申告

H27年度分の確定申告の期日は2016/3/15だったので頑張って作成し、3/13にポストへ投函しました。が、、、これで無事に確定申告が終わったーーーというわけにはいかず・・・。

実は、20万円を超える雑所得があったのですが、無申告をしていました。ただ脱税ですし、あとあと税務調査があって通帳とか見られて高額な入金が何回もバレたら超過税も掛かるし青色申告にも影響してしまうのでやっぱり申告することにしました。

無申告申請ですが、事前にネットで調べたところ期日より2週間以内であれば訂正申告という形で受け付けてもらえるようです。H26年度も実は20万円を超える雑所得があったのですが無申告だったので合わせて提出をしてきました。本当ならば無申告課税として納める税金に対して5%徴収されるようですが、税務署でお話したところ、自己申告の場合に関して納める税金が10万円未満だったら無申告課税が掛からないという特例があるようです。自己申告の場合は5%ですが、指摘された場合は15%の課税と延滞料が重くのしかかってきます(汗)

H26年度分とH27年度分を合わせると○○万円の税金を納めなければいけないのですが、消費税の還付金がある場合はそちらから自動的に差し引きされて残った金額が還付されるようです。先にATMで大金を下ろして準備万端で税務署に行ったのですがf(^^;)

「税金は国民の義務」ちゃんと税金を納めないとダメですね。と、いうかサラリーマン控除の20万円なんてあっという間だと思うのですが・・・。これから太陽光での収入が増えるので税金もガッポリ取られるんだろうな・・・。

第1発電所の1年点検

アパート屋根に取り付けた太陽光が2016年1月で1年が過ぎた為、先週末に設置業者による1年点検がありました。パワコンの確認と屋根に登って確認・・・30分ぐらいで終わって帰っていきました。早くない??ちゃんと見れているのかなぁーと思いつつ点検表にサインして見送りました。

実は昨年末に雨漏りの疑いがあり、一度小屋裏を点検してもらいました。結果、異常なしでその後の調査で太陽光とは関係なかったのでよかったです。結局水回りからの水漏れでした。いや、原因が分かったとしても水漏れはよくないですよねf(^^;)

アパートの屋根は10kw載せるのが唯一可能だったシャープを選んだのですが、シャープさん経営と保証大丈夫ですかね?大丈夫かとは思いますが中国企業の傘下に入ってしまうので少々心配です。

DSC_0006.jpg

静岡のショールームへ遠征

2週間ほど前の話になるのですがフローリングと建具の色を決める為に静岡県静岡市にあるウッドワンのショールームへ行ってきました。私の地元には営業所しかなく、小さいサンプルを取り寄せてもらって確認しましたが、イメージが沸かない、完成したら「イメージと違った」ってならないよう。

実は約半年前に既に愛知県豊田市にあるショールームへ行きある程度色決めをしていました。当初は「ウォールナット」で考えていましたが実際に施工してあるウォールナットの床を見て、嫁さんから微妙・・・と言われ「ブラックチェリー」の予定でいました。ただ、そこにはブラックチェリーを実際に施工した床はなくサンプルのみでの判断でした。

それから半年、間取りが変わって再度色決めをしなければいけなくなりどうせまたショールームに行くなら同じところより違うところの方がいいかなっていうことになり今回は静岡市のショールームに行きました。静岡のショールームには豊橋とは逆にウォールナットではなくブラックチェリーが施工されており、経年変化と日焼けで赤っぽくなっていました。

私たちはナチュラル系よりも濃い目の茶色が好みなので赤っぽくなってしまうと我が家のイメージにそぐわなくなってしまう為、却下という事になりました。悩みに悩んだ末「ウォールナット」にしましたが、部屋が暗くなってしまわないか若干心配ですがそこまで濃くないのでたぶん大丈夫かなと。ブラックチェリーとウォールナットの間をとって「チーク」というものがあり、なかなかいい色合いだったんですが、お値段が・・・。フローリングといってもフィルムシートのようなものではなく表面に0.6mmの無垢が貼ってある突板(複合フローリング)と呼ばれるものの為、表面の木材の種類によって値段が異なってしまうらしいです。ちなみに品名は「コンビットモノ4尺」というもので一枚の大きさが「長さ:1212×幅:152」とかなり幅広のものになります。

やっぱり小さいサンプルだけでは判断出来ないのでショールームへ直接出向いて自らの目で確認する事が大事ですね。ちなみに予約時間よりも1時間早く到着してしまったので近くにあるLIXILのショールームにも足を運びました。地元のショールームよりも広くて展示数も多く、色違い、設備違いもあったので行ってよかったです。LIXILのショールームに関してはまた行きたいぐらいです。

2016年3月の売電報告

2016年3月分の売電収入です。
先月ぐらいから中部電力のカテエネというものに登録したことによりネットから過去の発電状況が把握できるようになりました。そんなに頻繁に見る事はないですが意外に見やすくて便利です。ひとつのIDで複数の発電所も登録できちゃいます。

3月分(2016/2/10~2016/03/09)
■第2発電所
カナディアンソーラー54.9kw
発電量:6,253kwh
売電収入:216,103円

■第1発電所(アパート屋根)
シャープ11.76kw
発電量:1,451kwh
売電収入:50,146円

マイナンバーカードがやっと出来た

市役所から申請してあった「マイナンバーカードが出来ました」という通達ハガキが14日に届きましたが、、、遅ーい!!!!

自宅に配達記録等で直接届けてくれればいいのに電話で予約したうえ平日の時間内に取りに行かなければいけません。しかも、ハガキが届く前に既に確定申告書をポストへ投函してしまったので急いで取りに必要もなくなってしまいました。確定申告が終わってしまえばほぼ出番はないので時間がある時にまた取りに行くことにします。

来年こそはe-taxを利用するぞ!!

太陽光発電の確定申告→償却と経費について

既に期日が過ぎ皆さんご存知かもしれませんが備忘録として記事にしておきます。というより大半の方が税理士さん頼りで分からない人の方が多いですかね?

■償却について
太陽光発電設備・・・17年
フェンス・・・10年
電力会社の工事負担金・・・15年(繰延資産と呼ぶらしい)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hojin/06/06.htm
土地購入費・・・対象外(永年資産となる為、償却扱いにはならないが固定資産としては登録する)
造成費・・・通常は対象外ではあるが、それをしなければ設備を設置出来ない場合に限り太陽光発電設備と同等の償却資産17年とする事が可能

■経費について
利息・・・経費として計上可(仕訳:利子割引料)
農転、分筆、測量費用・・・償却資産としては対象外だが経費として計上(仕訳:支払い手数料)

初年度に全額(100%)計上するのはグリーン投資減税を使用した即時償却という事をこの段階でやっと理解しました。即時償却以外にも特別償却(30%)もありますが、私の場合は規模が大きくなくそのメリットを生かせないので通常通りの17年間償却としました。

青色申告ソフトについて

青色申告をするにあたりソフトも買わないといけないぁーと思い、どのソフトが人気か調べたところ、「MFクラウド確定申告」が上位でした。しかも、仕訳が最大15件までの条件付きではあるが無料で利用可能という事で非常に有り難い。定番の弥生もよかったのですが、15ヶ月間は無料で使用できるそうですが、その後は年会費(ソフトなら毎年購入)が必要らしくランニングコストが掛かる。という事でネットの評判を鵜呑みにし「MFクラウド確定申告」で登録しました。

さぁて、ユーザー登録したものの仕訳ってなんだ?借方勘定?貸方勘定?はてながいっぱい浮かびまず何から取りかかればいいのか分からなかったが、簡単な売電収入から入れ始めました。で、早速難関が待っていました。肝心な太陽光発電システムの費用はどう入れればいいのか???初年度は全額経費として計上していいものか悩みに悩んでネットで情報収集をしました→17年償却?

そういえば先日提出した固定資産税にも下記の償却を記入したことを思い出しました。今まで償却ってなんだ?って思ってましたが、やっと理解出来てきました。簡単にいえば掛かった費用÷償却年数を毎年計上しなければいけませんが青色申告ソフトを使用していれば自動的に計算され自動的に反映されるのでやっぱり楽ですね。

一通り入力して「47.納める税金」に表示された金額を払うみたいですが、初年度は償却資産に加え経費がそこそこあればゼロになります。

途中で同僚の嫁さんにチェックしてもらったら指摘箇所がたくさんあるし通帳と預貯金出納帳の流れと金額が一致しないとダメだよ!って言われました。確認したところナント30万円ほどの差があり、今度は通帳の流れを精査していかないといけません。
実際の預金は50万円程度しかないにも関わらず160万円もあることに。原因は仕訳(借方勘定・貸方勘定)の入力が誤っていたそうです。かなり苦労しましたが、何とか一致しましたのでよかったです。

あとは消費税課税を敢えて選択した為、消費税の申告もしないといけないのですが、残念ながらMFクラウド確定申告からは消費税申告は出来ないようです。これが唯一のデメリットです。まぁ国税局のホームページ上で出来るようなのでe-Taxを使いながらそっち側でやろうと思っていた矢先、問題発生。MFクラウドにデータを次から次へと入力していったところ、「仕訳の上限数15をオーバーしました」と表示され、有料プランへの切り替えをアナウンスされました。

やはり無料で使えるには限度があるんだなぁと改めて実感しやむを得ず有料コースに切り替えようと思ったのですが、どうせ切り替えるなら消費税申告書まで作成可能な「やよい青色申告オンライン」に乗り換えました。せっかく「MFクラウド確定申告」でデータ入力しましたが、「やよい青色申告オンライン」に切り替えた事で一部はデータの入出力でコピー出来ましたが大半は入力し直しの羽目に・・・。両方のソフトを使ってみた個人的感想ですが、「やよい青色申告オンライン」の方が分かりやすい仕様になっていました。ついでに消費税申告書も作成できたのでやっぱり「やよい青色申告オンライン」にしてよかったと改めて感じました。

ちなみにインストール版とクラウド版の2種類ありますが、ランニングコスト(9000円/年間)はほぼ一緒ですが、私の場合は複数のパソコンから入力したかった為、クラウド版を選択しました。クラウド版なのでサクサクとはいきませんが、ほぼ気になりません。

次回は償却資産について

確定申告提出

ギリギリになってしまいましたが、無事確定申告と消費税申告書を提出しました。

マイナンバーのせいでe-taxが使えなかったので持ち込みか郵送か悩みましたが行く時間を取れそうになかったので今回は郵送にしました。私はやよいの青色申告オンラインというソフトを利用したのですが、なにせ初めての事だったのでチンプンカンプン。同僚の嫁さんが税理士関連のお仕事をしているのでアドバイスを頂きながら何とか完成に辿り着きました。最終的になんとか理解できたような気がします。消費税も-128万円と表示されたので-128万円が還付される予定です^^

やよいの青色申告オンラインを選んだ理由や確定申告の詳細はまた後日記事にしようと思います。

マイナンバーカードが届かない・・・

2015年から太陽光発電に参加し、事前に青色申告を提出していました。

年末ぐらいにe-TAXのカードリーダーを購入し、年明け早々にマイナンバーカードも申請しました。が、肝心なまだマイナンバーカードが届かない・・・。期限が今月の15日が期日なんだけど間に合うのか?

マイナンバー問い合わせ窓口と市役所の窓口に電話をしてみたところ、混み合っている為、お届けは4月頃になるとのこと。
ガーン・・・。完全に間に合わないという事でせっかくマイナンバー対応のカードリーダーを購入しe-TAXで申請する気満々だったのが水の泡に・・・。やむを得ず郵送です。

過去に医療費控除の確定申告ぐらいはしたことがあるものの青色申告なんて右も左も分からない状態でスタートです。せめて初年度は税理士さんの手も借りようかと思いましたが、自分でやっている方もおられますし費用も掛かるので頑張って自分でやる事にしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。