電気工事

今週から電気屋さんが入り電気工事が行われていました。

DSC_0282.jpg

昨日の夕方までにある程度配線し終わったようなので設計士さん、営業さん、監督さん総出で現地立ち会い確認を行いました。すると指定した位置と違ったり場所を変更した方がいいポイントなど30箇所ぐらい見つかり、全部屋をチェックし終わるのになんだかんだ2時間以上時間が掛かりました。断熱材(発泡ウレタン)や石膏ボードが施工される前に早期発見出来てよかったです。

電気の灯数、コンセントも非常に多く、複雑な指定をしている部分も多くあるので電気屋さんは大変かと思いますが、またチェックしに行こうと思います。

で、外壁の部分にはマスキングテープでパワコンや電力メーターの取り付け位置がマーキングされていました。が、位置が微妙だったので全て位置変更を指示しましたf(^^;)

DSC_0281.jpg

電力メーターの希望はスマートメーターを指示してあったので、メーターは売電、買電共に1つに集約されるはずが、何故かメーターのマーキングが2つありました。その場に居合わせた監督さんに確認したところ「全量買取なのでスマートメーターでもメーターは別々になります」とのこと。

ん???「我が家は全量買取じゃなくて余剰ですけど」と投げ返すと逆に監督さんが???。

どうやら監督さんも余剰で申請している事を知らなかったそうです。おさらいですが、我が家の太陽光は30kwですが、自宅前の野立てが既に全量で売電しており自宅も全量だと分割案件に該当してしまうため、分割回避の為に敢えて余剰申請をしています。今更?って思いましたが、申請は1年以上前の32円時代にしていた為、営業さんも記憶が曖昧だったので、再度確認するよう伝えました。

この事を電気屋さんにも話したのですが、10kw以上=全量と認識していたらしく、そもそも10kw以上で余剰が出来ることすら知りませんでした・・・。確かにこんな事する人はほぼいませんからねf(^^;)

励みになりますので応援お願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

防湿シート施工②


本日も引き続き防湿シートが施工されました。
唯一残っていた南側にも貼られたのでこれでシルバーハウスの完成です。

木のベージュっぽい色からシルバーに変身するだけでかなりイメージが変わりますね。
その後、外壁工事に取り掛かると思われます。

Screenshot_2016-07-28-11-29-22.jpg

Screenshot_2016-07-28-14-43-19.jpg


引き続き応援お願いします。


にほんブログ村

防湿シート施工①

構造用合板の上に防湿シートが貼られ、シルバーの家に変化しつつあります。
防湿シートはデュポン製のタイベックシルバーです。

DSC_0277.jpg

大工さんは1階の床合板を貼っていました。
大工さん以外にいろんな業者が入り乱れ着々と進んでいます。

1469657405126.jpg

徐々に順位が上がってきました^^
引き続き応援お願いします。


にほんブログ村

玄関ドアとサッシ搬入②

昨日はサッシの件について記事にしましたが、本日は玄関ドアについてちょこっと。
月曜日と火曜日の2日間で全てのサッシが取り付けられました。

DSC_0275.jpg

■玄関ドアについて

我が家の玄関ドアはサッシと同じくYKK製で断熱玄関ドア ヴェナートです。玄関ドアについてもサッシと同様断熱クラスがあり、D2、D3、D4と表記されます。D2が一番性能がよくてD4が普通クラスのものになります。

D2といえばサッシと同じく寒い地域用ですが、温暖地域でも気密性が良くなるので断熱効果は上がります。で、イシンホームの標準はD2仕様なのですが、ショールームに行った時にこのD2~D4という言葉を初めて耳にしました。ショールームのお姉ちゃんは「えっ?D2ですか?」ってちょっと驚いた様子でこの地域でD2を採用する家はほとんどないようですね。一時期引き違いドアの採用も考えたことがあったのですが、引き違いドアは使い勝手はいいものの気密性が非常に悪いそうです。

あとは玄関ドアノブにピタットkeyというものが内蔵され、カードキーで施錠が出来るものに加え、パナソニックのドアホンと連携し、オートロック化します。デザインや色も豊富でどれにしようか悩みましたが、ショールームに展示してあったに一目惚れしそのまま採用しました。親子ではなくて両袖FIXタイプのS27でカラーは桑炭です。

ykks271.jpg

昨日は久しぶりに雨が降ったので外周部の構造用合板が濡れてしまいましたが、晴れれば暑いですし、すぐに乾くと思うのでさほど気にしていませんが、ドアと窓が取り付けられたことにより、大工さんが帰ったあとに中に入って確認する事が出来なくなってしまいました(>_<)

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

玄関ドアとサッシ搬入①

上棟後1週間で外周部に構造用合板が貼られ家の原型が出来ました。
そして昨日は家の顔にもなる玄関ドアの枠とサッシの一部が搬入されました。

Screenshot_2016-07-25-12-04-39.jpg

■サッシについて
サッシは全てYKKの樹脂サッシAPW330です。
家を建てるまではサッシに種類がある事すら知らず唯一知っていたのが、ペアガラスぐらいです。しかし、断熱性を重視するにはサッシの選択が非常に重要らしいですね。

大手でも標準がアルミ樹脂複合サッシだと思います。これは外部がアルミで内部が樹脂というアルミサッシと樹脂サッシというハイブリッド版です。ハイブリッドと聞くといい感じがしますが、樹脂サッシには到底敵わないぐらい気密性という面で性能が低いです。アルミ樹脂複合サッシから樹脂サッシへの変更はもちろんオプション対応になるかと思います。

大手で樹脂サッシを標準採用しているのは一条工務店ぐらいではないでしょうか。スウェーデンハウスは更にその上の木製サッシ+トリプルガラスを使用していますが、その2社を除きその他のメーカーはほぼアルミ樹脂複合サッシを標準採用していると言っても過言ではありません。アッ!イシンホームも標準が樹脂サッシですが、大手ではないので上記には入れませんでしたが、中堅工務店の方が頑張っている気がします。

なぜ、坪単価が高いはずの大手で樹脂サッシがオプション対応なのかと言いますと、樹脂サッシはお値段が高いのでそのまま坪単価に反映されてしまい、既に高い坪単価が更に高くなってしまうのが要因かと思います。よく、東北や北海道以外の地域ではそこまでする必要ないと言われますが、気密性がいいに越したことはありません。温暖化の地域に住んでいても地元の冬の寒さ=身を持って感じる冬の寒さでありそれなりに寒いですし。

DSC_0267.jpg

サッシの種類にはアルミ、複合、樹脂とあるのですがここで落とし穴があります。それが一部の大手でも採用している樹脂アングルサッシというものです。一見、樹脂を使用しているので性能がいいものかと錯覚しそうですが、外側、内側共にアルミサッシで内側の窓縁のみ樹脂で出来たモールみたいなもので覆われているだけで断熱性の向上には全く貢献しないなんちゃってサッシで中身はアルミサッシですので注意が必要です。

いい事だらけの樹脂サッシにもデメリットもあります。費用が掛かりますし、デザイン性に欠けるので大開口や窓と窓を組み合わせてデザインするようなものには対応していません。あとは紫外線が当たる部分の劣化が気になるところです。

この記事を書くまであんまり値段を気にしていなかったのですが、見積書を見返したら玄関ドアと窓だけで200万円です(笑)LDKのサッシは全てハイサッシ(H2200)、掃き出し窓や勝手口などクレセントがある窓には防犯ガラスを採用しています。シャッターと迷いましたが、シャッターも電動だと高額ですし、毎日閉めるか分からない、電動も壊れるので防犯ガラスにしました。実際、実家には電動シャッターが付いていますが、台風ぐらいしか閉めないですし、一部壊れて動かないところもあるのでシャッターは辞めました。改めて窓の数を数を数えてみたところ合計36個ありました。これは多いのか少ないのか??

ちなみに樹脂サッシの上には樹脂+トリプルサッシ、木製サッシというものもありますが、更に費用が掛かるものもあります。

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

2016年6月&7月の売電報告

6月と7月分まとめて報告です。

6月分(2016/05/13~2016/06/09)

■第1発電所(アパート屋根)
シャープ11.76kw
発電量:1,612kwh
売電収入:55,710円

■第2発電所
カナディアンソーラー54.9kw
発電量:7,388kwh
売電収入:255,329円

■第4発電所
CSUN19.5kw(5/31~連系)
発電量:839kwh
売電収入:24,465円

5月分(2016/04/10~2016/05/10)

■第1発電所(アパート屋根)
シャープ11.76kw
発電量:1,635kwh
売電収入:56,505円

■第2発電所
カナディアンソーラー71.67kw(6月上旬からパワーアップ)
発電量:9,202kwh
売電収入:318,021円

■第4発電所
CSUN19.5kw
発電量:2,603kwh
売電収入:75,903円

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

設備工事

徐々に構造用合板が貼られ壁が出来てきました。

DSC_0262.jpg

建物内では24時間換気システムのダクトや床暖房用の配管、給水配管などが施工されていました。24時間換気システムはイシンホーム標準のマーベックス社の第1種全熱交換型です。いつからか24時間換気システムの導入が義務付けられたものの大手では坪単価が高い割に標準が第3種であり希望しなければそのまま第3種が取り付けられ第1種への変更はオプション扱いですよね・・・。

DSC_0265.jpg

DSC_0264.jpg

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

上棟式について

先日、無事に終わった上棟式について記事にしておこうと思います。

上棟式といってもかなり簡略化されたプチ上棟式です。地鎮祭をやっていただいた神主さんを呼ぼうかとも思いましたが、棟梁がやって下さるとの事でしたのでお願いしました。

DSC_0250.jpg

まず、お餅投げをするかどうするか悩みましたが最終的にはしませんでした。昔からその土地に住んでいて家を建て直す方は投げる方が多いようですが、新たに引っ越してきて家を建てる方はお餅を投げなくなったところ多いですね。これから引っ越してきますのご挨拶や近所付き合いの意味合いも含めて投げる方もいますが投げたところで変わるのか?と思ったりもして。。親戚や同僚をはじめ通る人たちに「お餅投げるの?」って聞かれましたがf(^^;)

用意する量に比例しますが、だいたい20~30万円ほど掛かるのかな?少なければ少ないで貧相に見えますし多く投げても数分で終わってしまうので完全に自己満足ですね。人生に1度か2度あるかないかのイベントですが・・・。

上棟には棟梁に加え応援の大工さん5名も駆けつけてくれたので下記のものを用意しました。

■お昼に用意したもの
 地元では定評のあるところのお弁当を人数分
 →ネットで事前に調べたところ1500円程度のお弁当やほっともっとなどのお弁当で十分って書いてありました。

■休憩用に用意したもの
 500mlのペットボトル
 →1.5Lのペットボトルの方が確実に安いのですが、シェアはケチくさいので1人1本ずつ行き渡るように500mlにしました。  いろんな種類を用意しましたが暑かったので炭酸系が非常に人気で冷凍庫で凍る直前まで冷やしておきました。一見人気がありそうな缶コーヒーも用意しましたが、予想に反して人気なかったですf(^^;)
 お菓子類
 →チョコ系は溶けてしまうのでお煎餅系をいろんな種類用意しましたが、全くと良いほど消費されませんでした。暑過ぎて食べる気しなかったのかもしれませんf(^^;)一応、熱中症対策で塩飴も用意しておきました。

■上棟式で用意したもの
 お酒
 お米
 お塩
 お供え餅
 角餅(大工さんに下で待機して頂き上棟式後に投げて拾ってもらいました)
 畑のもの(じゃがいも)
 海のもの(スルメ)
 山のもの(しいたけ)
 果物(オレンジとりんご)

■上棟後に大工さんたちに用意したもの(手土産/引出物)
 お赤飯2合
 祝い餅(餅投げをしなかった替わりに9個を1袋にして同封)
 ビール1缶
 お茶のペットボトル1本
 お礼金(棟梁:諭吉2、応援大工/クレーン/監督さん:樋口1)

お礼金については結構悩みました。最初は棟梁:諭吉1、応援大工:樋口1、クレーン/監督:野口3で包みましたが、2日掛かりで上棟して頂いたので上記のように割増をしておきました。ちゃっかりクレーンの方も監督さんも頂いていきましたね(笑)

昔は食事や引き出物も豪勢に振舞っていたようですが、これも時代の変化ですかね。親に聞いても参考にならず・・・。大工さんたちに渡すお金や手土産についても最近家を建てた人達にも聞いてみましたが、バラバラで全く参考にならなかったので気持ちという事で最終的には自分たちで決めましたが、なんだかんだでかなりの出費となりました(汗)ボーナス後であったのが救いです。。

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

屋根工事→ほぼ完

昨日は1日大工さんもお休みだったのですが、その間に屋根工事が行われました。
我が家はイシンホームが標準採用しているアンダールーフ工法というもので構造は下記のようになっています。

①吹付断熱
②遮熱シート
③垂木
④野地板
⑤防湿シート
⑥樹脂桟
⑦ガリバリウム鋼板
⑧太陽光パネル

①の吹付断熱はまだ施工されていませんが、②~④までは上棟時に施工され、昨日は⑤~⑦までが施工されました。

Screenshot_2016-07-19-09-16-06.jpg

Screenshot_2016-07-19-10-50-18.jpg

Screenshot_2016-07-19-11-45-57.jpg

1468964345885.jpg

DSC_0260.jpg

1日でここまで進むとは驚きです。いつの間にか梅雨明けとなりましたが上棟からここまで雨も降らなかったのでよかったです。最後の⑧太陽光パネルの設置は来週になるそうです。

順位が下位を徘徊しています(;_;)応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

上棟2日目→完

本日もAM8時から上棟が始まりました。

①ここから上棟2日目がスタートです。
P1020973.jpg

②10時頃に早くも太陽光パネルが届きました。
 メーカーはイシンホームが採用しているSIソーラーの280Wです。
 パワコンは人気があるSMAが計5台です。
P1020974.jpg

③屋根も徐々に出来てきました。
P1020983.jpg
P1020987.jpg

④ほぼ完成しました。
P1020988.jpg

DSC_0252.jpg

DSC_0255.jpg

⑤最後に略式上棟式。
DSC_0250.jpg

2日間何事も無く無事終わることが出来ました。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

上棟1日目

本日、無事に上棟が始まりました^^

今日はくもりで太陽はほとんど出ませんでしたが、風がほとんどなく暑かったです。
しかし、大工さんには頑張って組み立てて頂きました。

①1階の柱は事前に建ててあったのでここからスタートです。
P1020950.jpg

②クレーンで材料が空を飛びます
P1020952.jpg

③梁を固定していきます。
 金具が使われているので切れ込みにすっぽり嵌めて最後にドリフトピンで固定。
 シンプルですが、よく考えられているもんだと関心しちゃいました。
P1020955.jpg

④午後から2階の床板と柱が組み上がり始めました。
P1020961.jpg

⑤2階部分もある程度完成しました。
 我が家は2階の部分に収納蔵を設けているのでスキップフロアの2.5階構造となっていますが、足場が非常に高いので近所の人からは3階建て?って聞かれます。
P1020968.jpg

本日、ある程度形になってきましたが明日が本当の上棟式です。
いろいろ準備しないといけないのでちょっぴり忙しくなりそうです。。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

棟上げ材料搬入②

予定通り、本日の8時に第2便の材料が届きました。
朝早くから本当にご苦労さまです。

本日の材料もトラック2台山積みでしたが、また明日と明後日にも材料が届くようです。
DSC_0232.jpg
材料が空を飛びます。。
DSC_0233.jpg
DSC_0236.jpg

いよいよ明日からクレーンが入り棟上げが本格スタートします☆
心配していた天気も大丈夫そうデス。。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

棟上げ準備

予定通り本日、1階部分の柱建てと足場が組まれました。

朝の8時に監視カメラを覗いたら既に半分ぐらい建っており、8時半には全ての柱が建ち上がってしました。早すぎてビックリしましたが、挿していくだけなのでそんなもんですかね。その後、ドリフトピンと木ネジで土台や大引とドッキングされ10時頃には大工さんは帰宅されたようです。

AM08:06
Screenshot_2016-07-15-08-06-44.jpg
AM08:36
Screenshot_2016-07-15-08-36-49.jpg

午後になって足場屋さんの登場です。暑い中重い足場を上に上に積み上げていき頑張って組み立てて頂きました。が、この足場を組み立てる音って甲高い音がするので近所迷惑ですね(汗)と言いつつ工事に足場は必要不可欠なので少々我慢してもらうかしかありませんがf(**;)
Screenshot_2016-07-15-13-59-52.jpg
Screenshot_2016-07-15-15-15-46.jpg
DSC_0229.jpg
DSC_0231.jpg

足場が立つと家の大きさがなんとなく分かってきて迫力があります。

明日は朝8時に第2便の材料が搬入されるみたいですが、大工仕事は日曜日と月曜日の上棟に向けてお休みのようです。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

棟上げ材料搬入①

棟上げ用の材料が搬入されてきました。
まだ一部のようで土、日、月にも材料が搬入されてくるようです。

Screenshot_2016-07-14-13-13-15.jpg

大型ユニック3台に材料が山積みに積まれていて過積載じゃないか?と一瞬思いましたが、柱にも予め金具が取り付けられている状態ですので、効率よく木材を積めれず、テトリスのような隙間がところどころ空いている積み方になっていました。なので実際は過積載ではなさそうですね。ただ、こうゆう面でも手間代や運送費のコストは掛かっていそうですね…。

DSC_0227.jpg

柱は国産桧の集成材です。

1468533738506.jpg

天気予報がコロコロ変わっていくので上棟の日曜日と月曜日が心配ですが、本日は足場が組まれ1階部分の柱まで建てていくようです。現地で作業の様子を見ていたいですが、サラリーマンなので休憩時間にまた監視カメラで覗くぐらいしか出来ません(TдT)

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

タイナビ+6円キャンペーン

タイナビのホームページに限定20区画で+6円案件が掲載されています。

puls6en.jpg

自社発電所で得た利益を20年間に渡って還元するという企画でそんな事ありえるのか?と半信半疑でしたが、掲載されてそれほど時間が経たない時点でとりあえず応募してみました。・・・が、物件情報が来る前に完売しましたという案内が。せめて物件情報だけでも知りたかったですが、そんなに皆さん即決だったのでしょうか?と、いうか完売したにも関わらずまだ広告が掲載されていますね。完売したなら早く取り消した方がいいような気がしますが。もしくは客引きなのでしょうか?

この企画を考えた会社はタイナビでの販売実績2位のメディオテックというところでした。

残念ながら上記の20区画は完売してしまったようですが、営業さんから近隣でオススメ物件を紹介して頂けました。24円案件でしたが、何故かこちらも特別に+6円が可能であり55kwコミコミの2050万円でした。急遽先週の日曜日に商談会を実施するので来られませんか?という案内だったのですが、先に予定が入ってしまっていた為、参加出来ず、これも商談会で買い手が決まってしまったようです(泣)

懲りずにまた次の獲物を待ちます^^

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

土台大工工事

ついに大工さんが投入され土台部分に木材が組まれました。

いきなり完成写真です^^
DSC_0219.jpg

イシンホームの標準は土台は欧州檜で短い大引は米赤松が使用されています。ローコストメーカーを始め大手のハウスメーカーでもシロアリに弱いとされるホワイトウッドが標準採用されており、木材を変更すると数十万円のオプション料金が掛かった事を思い出します。賛否両論あるかと思いますが無垢ではなくもちろん集成材です。欧州檜や米赤松も木材には変わりはないので食べられる時は食べられちゃうようですがねf(^^;)まぁ防蟻処理を信じましょう。

こんな感じで進んでいます。
①外周まわりに断熱材
1468363458760.jpg

②土台と大引の木材を組み付け
1468363466130.jpg
Screenshot_2016-07-12-10-54-53.jpg

③はい、パズルを組み合わせて土台完成(笑)
Screenshot_2016-07-12-15-59-55.jpg

我が家の工法は在来工法ですが、接続の部分は最近流行りのホゾ穴加工をしない金物工法です。イシンホームではHEIG耐震金物工法と呼んでいますが、今はどこのメーカーも金物工法を採用していますね。本当はシャーウッドやビッグフレーム構法、SE構法のような門型フレームを採用したかったのですが、費用がかなり高いようで手が出せませんでした・・・。

④土台と土台の接続にも金物が使用され、横からドリフトピンというものを入れ、一体化させています。
DSC_0223.jpg

⑤土台と大引の接続にも金物です。
DSC_0222.jpg

大工さんの横では水道屋さんがミニユンボを使用し排水パイプを施工していました。
あっという間に形になっていくので関心しちゃいます。

週末にかけて天気が心配ですが、応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

監視カメラシステムのご紹介

私が導入した監視カメラシステムのご紹介です。
監視カメラをまだ導入していない方がもっとも興味がある内容ですかね?

DSC_0388.jpg

【防犯カメラについて】
楽天で購入したネットワークカメラです。
詳細はコチラ

ip1-4top02.jpg

130万画素と240万画素で迷いましたが、130万画素に決めました。広角なのでかなり広く見えますし昼間は130万画素で十分です。ただ、夜は白黒なのでやっぱり見にくいですね・・・。ちなみに240万画素のものを選ぶと多少の明かりがあれば夜もカラーで映るみたいです。

ネットワークカメラの最大の利点はスマホからいつでも見れるのはやっぱり便利ですね。特に工事期間中は1日に何度も覗き見しちゃいます。2台は一番大きい第2発電所に取り付け3台目は第4発電所、残りの1台はマイホーム側を監視しています。合計4台も取り付けたのでこれで四方八方監視出来ます。

【録画データについて】
購入した監視カメラは最大128GBのSDカードに常時録画出来るものですが、大容量のSDカードはそれなりのお値段がしますし、録画時間も限られるため、1TBのHDDタイプの録画装置を購入しました。録画装置1台につき4台まで接続でき、わざわざケーブルを引かなくても無線にて録画出来る優れものです。但し、無線通信だとそれなりにタイムラグが発生してしまいますので私の場合は別途有線LANを引きました。この録画装置も防滴ボックスの中に入れて現状は屋外設置です。

こんな感じで常時録画されています。
Screenshot_2016-07-07-15-44-23.jpg

【防犯カメラの固定方法について】
楽天で購入した汎用タイプのブラケットを使用しました。お値段も手頃で1セットで両側に取り付け可能だったので選んだのですが、どちらかに首を振ると反対側も比例して動いてしまうので最終的にはR金物を購入し、個々に角度を変えれるように取り付けるようにしました。※1枚目の写真を御覧ください。

【配線について】
監視カメラからは電源とRCAとLAN用のケーブルがそれぞれ出ているのですが、このケーブルが30cm程度と非常に短く非常に厄介です。どのように配線処理すればいいか迷いましたが、防滴ボックスを監視カメラより上に取り付けることで何とか回避しました。敢えて監視カメラの上に付けることで防滴ボックス内への雨の侵入を抑え、最終的にその防滴ボックス内にVFFケーブルとLANケーブルを通線ワイヤーを使用してPF管内に通しました。※1枚目の写真を御覧ください。

【ネットワークについて】
肝心なネットワークはドコモのHW-02Gのwifiルーターを使用しています。SIMは格安SIMではなく月々サポートをうまく活用した0円SIM(16GB/月)を使用しているのでイニシャルコストは0です。現状はwifiルーターを使用していますがマイホームが完成したら自宅から有線LANを引っ張って光回線で運用するつもりです。

配線だらけでぐちゃぐちゃしていますが、防滴BOX内の上の3つがエコめがね用のセンサーで、右下に見えるのがドコモのwifiルーターです。最初は無線で双方通信していましたが、安定性を重視して現在はカメラ→録画機→ネット回線まで有線LANで結んでいます。

DSC_0213.jpg

【電源について】
自分の場合は予め100Vを電源工事の際に依頼してあったので発電所内に普通に100v電源があります。一応、申請時に使用用途と消費電力を中電から聞かれました。定額電灯契約なのでいくら使っても定額ですが、防犯カメラぐらいの消費電力量は微々たるものですかね。が、一番のメリットは100V電源がある事で現地で電動工具が普通に使うことができます。一番電気を喰いそうな振動ドリルも問題ありませんでした。

100V電源は太陽光関連の電源工事時にやって頂くと余分な費用も掛からないので予め依頼しておく事をオススメします。100Vが無ければ発電機を購入したり監視カメラ等に電気を常時供給するには自分で太陽光パネルとバッテリーを使用したミニ発電所を作ったりしないといけません。既に完工済の方でも恐らく100Vについては後付け可能かと思います。実際、配電盤を見るとパワコンに電力供給しているブレーカーから取り出しているようです。

導入費用はカメラ4台とHDDで7万円弱。その他取り付け金具やPF管、防滴BOXなども含め10万円以下で設置出来ました。このシステムに興味がある方は応援クリック後にコメント下さい^^

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

TOTOサザナの裏メニュー

我が家のお風呂は1620(1.25坪)でメーカーはTOTOのサザナをチョイスしました。

イシンホームの標準はトクラスかハウステックのものでしたが、デザインが好きではなかったので辞めました。いろいろ見てきた中でバランスがよかったリクシルのアライズ Zシリーズに一時決定しました。その後、ハウステックから新商品が発売され、ショールームに行ったところ最上級グレードのXに一目惚れ。とりあえず見積りを取得したところ定価で200万円弱。さすがに高くてビックリしましたが、工務店を通すと大幅な割引が得られ、リクシルのZシリーズと比べ差額で+15万円ほど。かなり悩みましたが、予算が限られるため、断念しました。

stylex1620.jpg

次にTOTOのショールームへ。TOTOについてはあんまり興味がなかったのですが、一応行って見ることにしました。こちらもグレードが様々ありましたが、とりあえず高級グレードのAタイプと普及クラスのTタイプの計2パターン見積りを取りました。TOTOのサザナはほっカラリ床という柔らかい感触の床が人気ですね。浴槽は広めのサイズを選びました。形も湾曲しておりデザインも◎、洗い場とのバランスも取れていました。材質は人造大理石のジュエリーブラックを選択しました。黒だと汚れが心配ですが、黒も白も同じ価格だったので高級感がある黒にしました。で、肝心な価格ですが、リクシルのZシリースと同じ価格で対応可能と回答があった為、最終的にはTOTOのサザナにしました。

下記写真は1624ですが、イメージはこんな感じです。
toto1624.jpg

少々話が脱線しましたが、本題の裏メニューについて。

カタログには載っていない仕様の為、裏メニューと表現しましたが、何が違うのか?やりたい事をショールームのお姉ちゃんに確認したら最初は出来ないと言われましたが・・・最終的に本部に確認してもらいOKを頂きました。

①ワイドミラーについて
 →1620に1616用のワイドミラー取り付け(横に棚を設置したい為、敢えて短いものに)
②シャワースライドバーの位置
 →標準は浴室の真ん中に取り付けられるのですが、スッキリさせる為に敢えて入口側に設置。
③照明
 →標準は天井に付くシーリングライト。LEDダウンライトにすると+7万円の高額OP
 →照明無しにしてコイズミの浴室用LEDダウンライトを施主支給する事で一気に67600円のコストダウン。だってネットで購入すれば1灯あたりたったの1200円なんだもん。

以上、裏メニューのお話でした。。。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

フェンスやり直し

先月末に完成した第4発電所のまわりにもキャムズのフェンスをDIY施工しました。・・・が、レベルやラインがバラバラで遠目から見ると酷いものでした(汗)原因は打設ハンマー使用時にズレてしまう、Yポスト自体が微妙に湾曲している為かと思われます。

個人的に結構気になるので、ズレが酷いものはやり直す事にしました。まずは打ち込んだ杭を一旦抜かないといけないので再び杭抜き丸の出番です→過去記事はコチラ

また、今回は簡易的な水盛り器を楽天で購入したのでそれを使いレベルを合わせていきましたが、再び打設ハンマーを使うと確実に曲がっていってしまう為、今回は全て鉄ハンマーを使って位置を細かく調整しながら地道に打っていきました。しかし、悔しい事にそれでも若干位置がズレてしまうアリサマ・・・。なんだかんだ4回目だからスムーズにいくはずが一人で地道にやっていったのでまたズレるし、かなりの労力と時間が掛かりましたが、概ね満足の仕上がりとなりました。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村

DSC_0202.jpg

型枠外し

予定通り昨日は基礎の型枠が外されました。たまたま昨日は子どもの幼稚園行事に参加する為に有休を取っていたので朝一と午後に見学してきました。仕上がりはクラックも無く文句なしの出来でした。暑い中頑張ってくれた業者さんたちに感謝です。

DSC_0206.jpg
DSC_0212.jpg
DSC_0210.jpg

そして玄関土間(タイルの下地)と階段部分に型枠が設置され、またまた生コン車がやってきてそこの部分に1.5立米の生コンが流されました。ちなみにこの土間部分にも底の部分と側面に断熱材が貼られていました。

DSC_0209.jpg
Screenshot_2016-07-07-14-12-36.jpg
DSC_0215.jpg

最後に先日搬入された大粒の砕石土を建物の周りに入れ、一通りの基礎工事は終了しましたが、24立米あった砕石土が逆に足りない状態に…。南側の庭の部分も含めて再計算してもらうと追加で40立米(ダンプトラック6台分)も欲しいようです(汗)

この前購入した砕石土は1立米2000円でしたが、土っぽい山土は1立米2500円するそうで、40立米だと10万円もします(汗)×5
ある程度の土が欲しいのは分かっていましたが、かなりの土の量が欲しいようで主わぬ誤算です・・・。

来週の月曜日からいよいよ大工さんの出番です^^

応援クリックお願いします。


にほんブログ村

山土購入

基礎ができあがって今は養生期間中ですが、木曜日から型枠外しが行われます。一応、昨日も基礎屋さんが来られ型枠の周囲を補強している単管パイプのみ先に外したようです。

型枠が外れると基礎の全貌がお見えになるのですが、その後、基礎の周囲に土を戻し、整地が行われます。が、本来なら基礎工事時に掘った残土を埋め戻せばいいのですが、我家の場合はレベルを+450も上げている為、残土がほぼありません。なので致し方なく山土を手配しました。山土はその名の通り山の土で主に宅地の造成に使われるものです。

この山土ですが、ハウスメーカー経由で購入すると高額な為、第4発電所の砕石敷きでお世話になった業者に再び依頼しました。数量は10トンダンプ4台分で約24立米、総額48000円(@2000円)です。ちなみにハウスメーカー経由や他の業者に依頼すると倍の@4000円で96000円です。同じ土でも業者が違うとビックリする程お値段にも差があります。恐らく一番の違いは運搬コストかと思います。

普通の業者が所有しているダンプはせいぜい3トンであり24立米となると12往復しなければいけません。これが10トンダンプだとたったの4往復で済むので運搬コストに大きな差が出るんだと思います。と、いうかなかなか戸建て建築現場に10トンダンプが乗り入れることなんて無いですよね。接道幅はそこまで広くないのですが、土地がそれなりに広いので今回は10トンダンプが大活躍です。。

Screenshot_2016-07-05-09-16-59.jpg

さぁてここでお勉強タイムです。
立米(リューベ)とは、1立方メートルの事で単位で表すと1m3と表記します。縦横奥行きそれぞれ1辺が1mの四角い箱の事で、今回手配した24立米だとその箱が24個分という事です。ここで注意しなければいけないのが、1立米=1トンではないこと。荷台に載せるものが石なのか土なのかによって大きく変わりますが、だいたい10トンダンプに載せれる量は平均6立米となります。過積載すれば7立米前後載せる事は出来ますが、過積載は道路交通法違反でもあり道路にも轍の原因となるので良くないですね・・・。更に生コンはもっと重いようで10トンの生コン車に載せれる生コンは通常3立米で過積載気味で4立米前後らしいです。

ryubei.png

と、ここまでは良かったのですが、仕事帰りに現地に寄ったところ何か違う・・・トラブル発生ですッ!!私の中では山土=土をイメージしていたのですが、運搬された山を見ると粒が大きい砕石にしか見えませんでした。手配した建材屋に電話して確認したところ、「あれも採石場の山土(100-0)ですが、もしかして土っぽい山土でしたか?どちらの事なのか迷ったんですよね・・・」と言われました。「えー山土といえば土でしょ!」と突っ込みましたが、確かに前回太陽光用地に入れたのは40-0砕石だったので勘違いもしやすく、正直@2000円/立米だと値段的にも妥当のような気もします。実際、土っぽい山土の単価はもっと高いようなので。

DSC_0205.jpg

大きい石もゴロゴロしていますが、一応使えるには使えるので今回はそのまま使うことにしましたが、値段交渉もしくは土の山土を少し無償手配して頂けるか交渉中です。さすがに庭にこれを使うわけにはいかないのでこの砕石土は庭以外の部分で消費します。逆に砕石でかなり厚く盛土すれば草が生えにくいというメリットも一応あります。

応援クリックお願いします。


にほんブログ村

本日、晴天☆記録更新??

しばらく梅雨空でしたが、先週末あたりからほとんど雨が降らず暑い陽気が続いています。

昨日に続き本日は朝から雲がほとんどない晴天で、太陽光にとっては絶好日和です☆でも昨日は最高気温が34℃とかなり暑かったのでどのくらいロスしたのかが気になりますが、第2発電所をパワーアップしてから天候があまり良くなく、ずっといい記録が出ていなかったので期待していました。

ちなみに現在のシステム構成はカナディアンソーラー71.37kw(305w234枚)とオムロンパワコン9台です。

で、昨日の結果です。
エコねがね20160704

9時には既にピークカットとなり、1日の発電量は422.9kwでした。
このデータを元に6月の実績を見たところ、パワーアップ直後の6/10に446.6kwを記録しており、残念ながらコレを超えることは出来ませんでした。恐らく気温が影響していそうです・・・。ちなみにパワーアップ前(54.9kw)時の最大発電量は384.2kwだったので単純計算で62.4kw増しです。後半、曇りと雨ばかりの6月でしたが、それでもトータル8327.7kwも発電してくれたようで、今月も期待しています。

エコねがね201606実績

応援クリックお願いします。


にほんブログ村

養生中の基礎に水を注ぐ

現在は基礎工事が終わりブルーシートを被せて養生中です。

Screenshot_2016-07-04-10-22-40.jpg

基礎工事後、雨が全く降らず蒸し暑い日が続いていますが、基礎はなるべく湿った状態を保った方がいいとの事でしたので本日の朝方、基礎内に水を撒いてきました。しかし、現場にはまだ水道が引き込まれていない為、ポリタンクを使用し、約200リッター分撒いてきました。朝方は曇り空でしたがビニールシート内に潜り込んで撒いたので汗だくに(;>_<;)

今後の予定ですが、木曜日に型枠を外すそうです。

応援クリックお願いします。


にほんブログ村

立ち上がり基礎部分に生コン流し込み

本日、予定通り立ち上がり基礎部分に生コンが打たれました。

久しぶりの晴天で1日中暑かったですが、手際よく作業をして頂けました。ずっと見ていたのですが、心配していた水差しもなく、バイブレータと撹拌ドリルの二刀流で型枠にまんべんなく行き渡るように施工して頂けました。業者さんも6人掛かりで頑張って作業していました。途中、基礎業者さんと雑談したのですが、ウチの基礎は他の現場よりも厚くてアンカーの本数も非常に多くてしっかりしている基礎と褒めて頂き、より安心しました。

DSC_0185.jpg
DSC_0190.jpg

昼休み明けには表面は既に固まっており、最後にレベル調整と均しをして完成しました。養生した状態で1週間ほど寝かすのでしばらく工事はお休みとなります。均しはてっきりモルタルとコテを使って地道にやっていくと思ったのですが、今の主流はレベル出し専用の液状のモルタルを直接型枠に流し込み、レベル出しと均しを同時に出来てしまうそうです。水の性質をうまく使った方法と関心しました。写真ではただ流し込んでいるように見えますが、基礎の中にレベルの目印となるネジが打ち込まれており、それを基準に流し込んでいました。一見簡単そうに見えますが、きっと熟練のワザが必要なんだろうね・・・。

DSC_0194.jpg

応援クリックお願いします。


にほんブログ村