杭の簡単な抜き方発見しました

先週から増設の工事が始まりましたが、思ったより早く進んでしまったらしく金曜日と土曜日は業者さんはお休みだったようです。恐らく明日からパネル工事が始まるかと思います。

で、本題ですが、キャムズフェンスの杭(Yポスト)の簡単な抜き方を発見しました。
必見情報なのでまずは閲覧前にポチッお願いします^^

にほんブログ村

太陽光フェンスの王道といえば自分で施工できて値段もリーズナブルのキャムズですかね。ただ、自分で施工出来る反面、水糸を張ったとしても打設ハンマーを使って打設していくうちにいつの間にか杭が曲がって入ってしまう事が難点であり、これが結構起こります。その場合、抜くか無理やり曲げるのかのどちらかですが、曲げるのもなかなか大変で、そして抜こうと思うならもっと大変でだいたいの杭がびくともしません。大人2人掛かりでやっと抜ける場合もありますが、抜けない場合もあります。

今回も抜きたい場面に遭遇し抜こうと思ったが、今まで以上に抜けず、大人3人の力でやっと抜けたほど非常に苦労しましたが、キャムズに手軽な抜き方を問い合わせたところ、以下の回答がありました。
①専用の杭抜き機を使う(レンタルはなく購入のみ)
②重機(バックホウ)を使う
③テコの原理を使う

→①レンタルがあるならまだしも購入しなくてはならず、その後の使用用途がほぼない。
→②重機を常時所有しているならまだしもレンタルをする必要があったりそもそも重機が入れるスペースがなければ使えない。
→③なかなかコツを掴むのが難しい

どれも簡単に抜ける方法とはほど遠いです。

で、私が発見した方法です。たまたま杭の王様「くい丸」くんを購入する機会があり、カタログを見ていたらオプションで「くい抜き丸ジャッキ併用タイプ」というものを発見しました。はい、もうお分かりの通りYポストにこの「くい抜き丸ジャッキ併用タイプ」を流用しちゃいます。

くい抜き丸

ただ、当たり前ですが、円柱の形をした「くい丸」くん専用工具なのでYの形をしたYポストに使えるのかも分からず、使えたとしてもどのサイズは当てはまるか分からなかったのでとりあえずΦ42.7、Φ48.6、Φ60.5の三種類購入してみました。どのサイズもYポストに空いている穴に金属の棒を入れれば恐らく使えますが、答えは「Φ42.7」が適合します。

使うものは車に装備されているジャッキと六角レンチとスパナとブロックのみです。

DSC_0105.jpg

写真のようにYポストの上からくい抜き丸を通してネジを締めたらあとはジャッキアップするのみです。今までの苦労がウソのように5分も掛からずビックリするほど簡単に抜けます。地盤の抵抗によってはなかなか抜けない場合もありますが、負けずにジャッキアップするのみ。

参考になった方は退出前にポチッお願いしますね。

にほんブログ村

ちなみにこのくい抜き丸はたったの1000円です。
是非試してみて下さい^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なかなか良さそう

なかなか良さそうな感じですね〜!
1set準備しておいても良いかもですね♪
ただ今回の自分のように、設置し直しなどで大量に抜くときは、かなり時間がかかりそうですねー
ま、なかなかそんな機会は無いと思いますが(^_^)

ばっしーさま

> なかなか良さそうな感じですね〜!
> 1set準備しておいても良いかもですね♪
> ただ今回の自分のように、設置し直しなどで大量に抜くときは、かなり時間がかかりそうですねー
> ま、なかなかそんな機会は無いと思いますが(^_^)

こんばんわ。
確かに大量に抜くとなると重機の方が早いですね。
ただ、たったの1000円なので購入しとけば後々役に立つかもしれません^^
大量に抜いた杭も再度戻すなら早速出番が来るかも(笑)

それにしても82kwへの過積載羨ましいです。
自分もまだスペースがあるので82kwぐらいいけたのですが、前にご相談した設備認定申請容量絡みで71.67kwが限界です(汗)