名古屋市の屋根貸し案件

タイナビで紹介された名古屋の屋根貸し案件の詳細です。

対象物件は名古屋市が管理している私立小学校又は公共施設で耐震補強が終わっている建物のみ。なので耐久性には問題ないようです。ただ、下記例に上げた建物は築43年の小学校→20年後は築63年。果たして大丈夫なのか非常に心配です。また20年後は完全撤去で撤去費用は保守管理費に含まれるそうです。

下記は代表例。
パネル:ハンファQセルズ260w
パネル出力:57.2kw
年間発電量:63,905kw
買取価格:32円
年間売電収入:2,044,960円
20年間売電収入:40,899,200円
※賃貸料:39,223円/年
※メンテナンス費用:71,500円/年
※火災保険:24,130円/年
※保守管理費:128,700円/円
※積立費用:100,100円/年
上記※の維持費を合わせると363,663円/年。20年にすると7,273,260円。

気になる販売価格:20,002,000円

40,899,200円-20,002,000円-7,273,260円=13,623,940円

表面利回り:12.02%
実質利回り:5.2%

フェンスや草刈りが要らないとはいえ維持費が結構掛かります。
さて、どぉ思いますか?


2015.08.11追加

維持費について補足です。

メンテナンス費用→20年間のパネルの清掃や状態チェック、修理等、年2回点検、設備点検、システム点検

保守管理費→20年間の校舎や体育館屋根の保守、修繕費、撤去費用等、保守警備体制、トラブル対策、諸費用

積立費(20年間機械損料)→パワコン等機器交換費用、パネル・パワコン・ケーブル等損料
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

厳しいですね。

メンテナンスと保守管理と積立を3重に支払う必要があるとは驚きです。
(積立はひょっとしたら最終的には返還される積立でしょうか?)

私ならば(投資視点で言えば)無しですねぇ。

地元在住の方への「子供、孫が通った学校を応援」&「年金代わりの投資」みたいなコンセプトで訴求ですかね。

不動産投資なら魅力がない

実質利回り5.2%なら初期投資の回収に20年かかることになり、20年後は撤去となるなら永続性がなく資産として何も残らないので不動産投資としては魅力がない。
ただ再生可能エネルギーの普及促進を目的とするなら意義はある。

あおそら様

一見良さそうに見えましたが詳細を見ると厳しそうですね。
ブログ内に維持費の詳細を追加しました。

積立費については省けるかどうか・・・。
省けたとしてもどこかのタイミングでパワコンの交換で実費が必要になるのですが。

自由ヶ丘様

こんばんわ。
ほんとそうですよね・・・。
野立ての貸し土地案件も同じ事が言えますね。
新しい発電所が欲しいですが、分譲だと価格が高いのでなかなか採算が難しいです。

No title

大変参考になりました!
詳細なレポートありがとうございます♪
また、ちょくちょく遊びに来させてもらいますね☆

濡れ手に粟

フルローンでやった場合なら、金利負担分が300万と仮定。
メンテ等全てお任せなので、年間50万、月4万くらいの収入増となる計算になる。
自身の負担は一切なくて収入増になるのでおいしい話と思う。
1基ではなく、10基くらいやれば濡れ手に粟状態だと思います。

なかなか、、、

おはようございます。
詳細なレポートありがとうございます。
一見良さそうな感じですが、積立金はおいたとしてやはり月々の保守やメンテ費用と言うのが微妙な感じですね〜。
自分も購入費用の他にこう言う費用も重要視していきたいと思います!

リアルティ様

私もリアルティさんのブログに遊びにいきますね☆
これからも宜しくお願いしますq(^-^q)

田淵様

否定的な意見が多いですが、どうなんでしょうね。とりあえず連休明けに詳細の資料を送って下さるようですが・・・にらめっこしてみます。

Re: なかなか、、、

一見良さそうに見えましたが蓋を開けてみるとランニングコストが掛かりすぎという残念な状況でした。連休明けにランニングコストについて業者に問い合わせしてみようかしら。