スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気工事

今週から電気屋さんが入り電気工事が行われていました。

DSC_0282.jpg

昨日の夕方までにある程度配線し終わったようなので設計士さん、営業さん、監督さん総出で現地立ち会い確認を行いました。すると指定した位置と違ったり場所を変更した方がいいポイントなど30箇所ぐらい見つかり、全部屋をチェックし終わるのになんだかんだ2時間以上時間が掛かりました。断熱材(発泡ウレタン)や石膏ボードが施工される前に早期発見出来てよかったです。

電気の灯数、コンセントも非常に多く、複雑な指定をしている部分も多くあるので電気屋さんは大変かと思いますが、またチェックしに行こうと思います。

で、外壁の部分にはマスキングテープでパワコンや電力メーターの取り付け位置がマーキングされていました。が、位置が微妙だったので全て位置変更を指示しましたf(^^;)

DSC_0281.jpg

電力メーターの希望はスマートメーターを指示してあったので、メーターは売電、買電共に1つに集約されるはずが、何故かメーターのマーキングが2つありました。その場に居合わせた監督さんに確認したところ「全量買取なのでスマートメーターでもメーターは別々になります」とのこと。

ん???「我が家は全量買取じゃなくて余剰ですけど」と投げ返すと逆に監督さんが???。

どうやら監督さんも余剰で申請している事を知らなかったそうです。おさらいですが、我が家の太陽光は30kwですが、自宅前の野立てが既に全量で売電しており自宅も全量だと分割案件に該当してしまうため、分割回避の為に敢えて余剰申請をしています。今更?って思いましたが、申請は1年以上前の32円時代にしていた為、営業さんも記憶が曖昧だったので、再度確認するよう伝えました。

この事を電気屋さんにも話したのですが、10kw以上=全量と認識していたらしく、そもそも10kw以上で余剰が出来ることすら知りませんでした・・・。確かにこんな事する人はほぼいませんからねf(^^;)

励みになりますので応援お願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。