スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着工72日目☆外壁が貼られました

夏休み前に納品されていた外壁がやっと貼られました。

我が家が採用した外壁は以前にも記事にしましたが、施工事例が少ない旭トステムのシーリングレス工法「ガーディナル」です。やはり外壁屋さんにとっては通常のサイディングに比べ手間が掛かるので大変と言っていましたf(^^;) デザインはニューコリーナ、カラーはニューコリーナホワイトですが、若干クリームっぽく見えます。サンプルで見た時は結構白かったんですけどね。

自分的には想像通りのデザインでしたが、嫁さん的にはちょっと模様が細かいんじゃない?うーん・・・って感じでしたf(^^;)

P1020996.jpg

自分も嫁さんも積水ハウスのダインコンクリートが見た目上は好きだったのでそれに近いデザインにしたのですが、そもそも外壁材の素材も厚さも違うので高級感はダインコンクリートの方が上ですね。しかし、ダインコンクリートの欠点としては普通のサイディングと同じようにシーリング(一応高耐久のもの?)が使われており、且つ、割り付けがイマイチなのか特にサッシまわりについてはチグハグした感じが非常に目立ちます。あとは鉄骨の断熱性をカバーする為に必然的に厚くなっただけかと思いますし、サッシの凹み部分が外壁の厚みのせいで非常に深いですね。。。

一時積水ハウスでの建設も考えプランの作製もお願いしたのですが、価格もそうですが、性能とプランニングがイマイチだったので辞めました・・・。仮に建坪55坪、施工面積70坪オーバーの家を積水ハウスでイズロイエで建てたとするととんでもない金額になりますf(^^;)

少々話が脱線してしまいましたが、それに比べシーリングレス工法はシーリングレスというだけあってサイディングとサイディングのツナギ目はほぼ分かりません。但し、シーリングレス工法も100点ではなく残念ながら入隅部のサッシについては納まりの関係(カンキシくんという部材が入らない為)で一部シーリングになってしまうようです。でもちゃんとそこにも高耐久性のシーリングが使われるようですので○としました。

P1020997.jpg

まだ一部分だけにしか貼られていないので全体に貼られるとまた違いが出てくるかと思います。

ついでにガレージにも同じシーリングレスを採用するといくら掛かるか確認したところ、差額が42万円との事でした。んっ?ほとんど外壁がないようなものなのに何故42万円も追加費用が掛かるのか一応再確認を依頼しておきました。予想としてはガレージの場合、外側だけではなく内側にもサイディングが貼られるから?それにしても高過ぎです。

応援おねがいしますッ!!


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。