着工79日目☆大工工事

2階の床に続き1階の床にもフローリングが貼られ始めました。

2階は前回紹介したようにウッドワンのコンビットリアージュ152というシートタイプのフローリング材だったのですが、1階の床材はウッドワンのコンビットモノ4尺という表面に薄い無垢材が貼られた突板フローリングにしました。

DSC_0480.jpg

イシンホームの標準は無垢板のようですが、幅が出来るだけ広いものがよかったので無垢を敢えて辞めてこのコンビットモノ4尺に変更しました。フローリング材には代わりはないのですが、無垢板と同じように1枚ずつ貼っていく必要があり、予め工場加工されたV溝がないので綺麗な仕上がりになります。

フローリング材なら表面がシートの為、同じ値段でいろんな木目を選べるのですが、コンビットモノ4尺は天然木の突き板を表面に貼りあわせているので選ぶ木材によって値段も変わってきてしまいます。最初はブラックチェリー案で進めていましたが、ショールームで見た際、経時変化で赤っぽく変色しており、ブラックチェリーはやはりそのような傾向があるようなので最終的にはウォールナットにしました。チーク材が一番良かったのですが、お値段が一番高くて手が出せませんでした(汗)

LDKの部分的に床暖パネルを設置しており、その厚みの関係で段差が生じていましたが、合板をパズルのように間にはめてフラットになっていました。そして現在はフローリングが傷つかないように全面養生されてしまっており、ほとんど床材が見えない状態ですが、幅広のウォールナットとってもいい感じです☆

DSC_0485.jpg

そして洗面室、トイレ、脱衣室にも床材が貼られていました。こちらは2階の床材と同じウッドワンのコンビットリアージュ152ですが、2階の木目調ではなく大理石調にしています。嫁さん的には玄関を含めLDK全部大理石調がいいと言われましたが、反対を押し切りました。本物ならまだしも偽物ですし、髪の毛が目立つ、若いうちがいいが歳をとったらきっと落ち着かないはずなので。

DSC_0488.jpg
DSC_0489.jpg

ちなみに我が家は洗面室と脱衣室は別にし、洗面ボウルは2連です。誰かがお風呂に入っていると洗面室が使えない、洗面ボウルが1つだとそれまた渋滞です。贅沢な作りですが、上の子二人が女の子という事もあり、きっと活かされると思いますが、確実に固定資産税に跳ね返ってきます・・・。

励みになりますので応援おねがいします。。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント