手摺の製作工場へ

階段と吹き抜けの手摺は地元の鉄工所に製作をお願いしています。

ネットで見つけたところにアポを取ってこれまでメールでのやり取りのみでしたので手摺の原型が出来たタイミングで実際に工場に行き、現物を見てきました。

予想通りのTHE・町工場でした。早速我が家の手摺を見せてもらいましたが、図面通りに製作されていました。このあと、サビ止め、色塗りが行われ、12日に取り付けのようです。

こちらが吹き抜けの手摺
P1030129.jpg

こちらが階段の手摺です。
P1030131.jpg

手摺の色は黒と白で迷いましたが、黒だと主張し過ぎるので今回は白にしました。今は枠だけなので非常にシンプルですが、ここに自分で発注したポリカーボネートのパネルが取り付けられます。過去の記事はコチラ

自分の手摺以外にも会社などで使われる大きな階段や住宅のスチール階段も並んでいました。このスチール階段・・・普通に展示場で使われていますが、お値段80~100万円ほどする高級階段です。しかし、卸値は50~70万円程度らしいのでガッチリ販売元が中間マージンを取っているみたいです。

ちなみに今回製作をお願いした手摺一式(約12m)で現場寸法、図面作成、製作、取り付け、塗装込みで35万円弱でした。これにポリカの10万円が加わるので45万円っていうところです。たかが手摺に45万円は高いような気もしますが、ほかのところに依頼すると50~80万円ほどするのでこれでもリーズナブルな方ですf(^^;)

励みになりますので応援おねがいします。。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント