スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野立て太陽光仕様 低圧54.9kw

最初に一括サイト見積もりを使って見積もりを取りました。
動きが早くて費用もそれなりに安くて三井住友海上の10年の保険も無償付帯、農転費用も先方負担でOKだったので「株式会社エコスタイル」というところで契約しました。
ネット上では「エコの輪」という名前で運営しているそれなりに大きな会社ですかね?

パネルメーカーは迷いましたが費用対効果がいいというカナディアンソーラーをチョイスしました。国産メーカーは高いので最初から中華製で考えていましたが、安すぎたりあまり名の知らないソーラーは嫌で。例えばトリナとかインリーとか。発電量的にはソーラーフロンティアもよかったのですが、価格が高く広い面積も必要なので断念しました。

【当初の第2発電所の計画】2014年10月契約時
・カナディアンソーラー 55.08kw(255w×216枚)
・パワコン オムロン 5.5kw×9台
・架台 ZAM亜鉛メッキ 4段 20度 GL300

255.jpg


しかし、途中で305Wの新しいパネルが出たので番地の変更と一緒にパネルの変更も合わせて設備認定を取り直しました。番地の変更って軽微変更ではなく、認定取り直しのようです。ちょうどこの時期に急遽決まった設備認定改悪ルール始動直前間際。何とか間に合いましたが、中電エリアは余力がまだまだあるので結局抑制の話は無いのかしら?せっかく305Wに変更したのにたった2ヶ月後に310Wが登場してしまい、305Wはわずか数ヶ月で廃盤に・・・。ガーン。

【変更後の仕様】2015年1月
・カナディアンソーラー 54.9kw(305w×180枚)
・パワコン オムロン 5.5kw×9台
・架台 ZAM亜鉛メッキ 4段 20度 GL300のはずが・・・別記事へ続く・・・

305.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。