我が家の仕様@床暖編

熱交換換気、発泡ウレタン断熱材と樹脂サッシ、タイベックシルバーで覆われた家ですが、やはり暖房器具無しではいられませんので我が家は床暖を設置しています。

床暖はもちろんオプションです。

実は、工務店経由で施工してもらうと見積り140万円と高かったので、ガス屋さんに直接依頼(施主支給)しました。さすがに床暖の施主支給は嫌がりましたが、契約前からその旨を伝えており何とか施主支給に合意して頂き、最終的にガス会社で施工してもらったので工務店よりも半額に近い70万円で施工して頂けました。工事中の記事はコチラ

DSC_0467.jpg

床暖のパネルはLDKの主要部分に温水マットを敷いていますが、パネルがない部分との温度差は結構大きいです。この点においては全館床暖房の一条工務店の家が羨ましく感じてしまいます。イシンホーム=暖かいイメージがあったので脱衣所もそれなりに暖かいだろうと思っていましたが、お風呂に入ると浴室と体が温まっている関係で、入浴後の浴室の扉を開けた瞬間、空気が冷たく感じてとっても寒く感じますので脱衣所にも床暖を入れておくべきだったと後悔しています。 
 
更に床暖パネルには厚みがある為、床暖があるところと無いところでは床に段差が生じるため、その段差を埋める無駄な工事費が結構掛かりました。これなら1階だけでも全面床暖にしておけばよかったと後悔しています。

初期投資は電気式の方が安いようですが、実際に付けた人の話を聞くと、電気代が高過ぎて結局使っていないと聞くので我が家は給湯器(エコジョーズ)で沸かすガス式にしました。

ガスの方がランニングコストが掛からないというも朝晩床暖を使用しているのでこの時期のガス料金は25000円ほどに達します。都市ガスの方がガス料金が安いのですが、工事費などの初期投資費が掛かる為、我が家はプロパンガスにしました。プロパンガスの方が都市ガスに比べガス料金が割高なのですが、ここも交渉して基本料金と従量料金を多少安くしてもらいました。

ちなみに基本料金:1800円
従量料金:430円(交渉前)→320円(交渉後)

地域差が出そうですが、プロパンガスを使用している方はガス料金に交渉の余地があるようなので一度ガス会社に値段交渉をしてみるのも手です。
 
励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント