住宅ローン控除MAX50万円!!

確定申告に合わせて住宅ローン控除も申請します。

住宅ローン控除の詳細は他のサイトで詳しく載っているので省きますが、簡単に言えば、住宅ローンの残高の1%が10年に渡って還付されるものです。。

我が家の場合は長期優良住宅なので10年間で最大500万円(年間50万円)控除されます。

しかし、誰でも年間50万円の控除を受けられるわけでもなく、MAX50万円の控除を受けるには最低限5000万円以上の住宅ローンを組んでいる必要があり、更に500万円の控除を受けるにはローン残高が10年後も5000万円以上残っていないとMAX500万円には到達しません。恐らくMAX500万円の控除穏健を受けるには8000万円以上のローンを組んでいないとダメですね。

まぁ一般の人はここまで組んでいないので単純に年末残高の1%が控除出来ると思っていればいいでしょう。例えば年末残高が2000万円なら20万円、3000万円なら30万円、4000万円なら40万円。

で、我が家の場合は年末に融資が実行されたばかりで年末残高がたくさん残っているので今年と来年あたりはMAX50万円控除できます=ある程度我が家の金額と借入金が分かってしまいますねf(^^;)

最初は50万円控除されますが、その後は年々残高が減っていくので10年後の控除額は35万円ほどになりそうですが。

kakutei20170311.jpg

ちなみに我が家の場合はフラット35Sが90%、変動金利10%の組み合わせです。住宅ローン控除は両方の年末残高証明書があれば合算して申請が可能なようですので合算申告します。

他にも火災保険に付随する地震保険も控除出来るので出来るものはどんどん控除していきます。

住宅ローン控除の注意点としては借り入れ金額と請負金額のどちらか低い方で申請していきます。よって建物以外に家具や家電、その他費用として多めに借りている人は注意が必要です。例えば、銀行から4000万円借りたとしても請負契約書に記載されている金額が3500万円だとすると住宅ローン控除は4000万円の1%ではなく3500万円の1%となります。たかが1%ですが、金額が大きいのでこれだけで5万円の差となり10年スパンでみると50万円も違ってきます。

銀行側も請負契約書に記載されている金額までしか貸してくれない事が多いので多めに借りたい場合は請負契約書の金額を多めに見積もってもらう事が多いのではないでしょうか?もし借入金よりも請負契約金の方が低ければ追加請負契約書を発行してもらえばOKです。ちなみに我が家の場合は追加工事や外構費が大きく膨らんだ為、当初の請負金額に加え、増額分の追加請負契約書を発行して頂きました。

住宅ローン控除の方法ですが、毎年1月~2月ぐらいに説明会があったりしますが、自分は自分でやり遂げました。なんか難しいイメージがありますがネットで「住宅ローン控除 書き方」って検索すれば書き方の例が出てきます。請負契約書と年末残高証明書があれば30分ほどで完了です。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント