スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗り壁まさかの失敗

昨日はサラリーマンをお休みして朝5時からブロック塀の本塗りを実施しました。先日シーラー塗りまでした下記の状態からスタートです。過去の記事はコチラ
DSC_1314.jpg

使用するのはジョリパットではなくエスケー化研のアートフレッシュです。
DSC_1311.jpg

シーラーとは違い本塗り用のアートフレッシュは若干の粘度がありましたが、シーラーと同様ローラーで塗り塗り。右半分が本塗りした状態、左半分がシーラーの状態です。同じ白系なので違いが分かり辛いですが、僅かに色味が違います。
DSC_1315.jpg

目標としていた範囲の1回目は2時間も掛からず完了しました。しかし、、、、モルタル塗り→シーラー塗りの段階で浮き出ていたブロックの目地は結局ぼかされずかなり目立つ状況に。埋め込んだファイバーネットも浮き出ており、DIY感丸出しです。お世辞にも綺麗とは言えない状態です。
DSC_1317.jpg

このままにしようかやり直そうか悩みに悩んだ末、やっぱり気に入らなかったのでせっかく塗った本塗りを潰して再度モルタル塗りに逆戻り。接着剤を混ぜているので一応アートフレッシュの上からでもモルタルを塗ることが出来ました。
DSC_1321.jpg

今度はモルタルが乾いた状態で目地が浮き出ていないので恐らく大丈夫かと思いますが、またシーラーからやり直しなので時間と材料が掛かります…。
DSC_1325.jpg

目地が非常に目立つのは先に目地だけを埋めるためにモルタル塗りをしており、そこの部分だけ周りより僅かながら厚みができてしまった事が原因でした。ブロックの目地は非常に厄介と痛感しています(;´д`)トホホ…

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。