浜松まつりで打ち上げ花火決行!!

GWは浜松まつり一筋だったのでブログの更新が滞ってしまいました。

おかげさまで順位もビックリするぐらい下位になってしまいました(泣)


さて、GWは浜松まつりの準備から片付けまで大変だったけど、あっという間に終わってしまいました。そして以前にちょっと記事にした打ち上げ花火ですが、悩みに悩んだ末、浜松まつりの当日に決行しました。過去の記事はコチラ

ギリギリ家の前で保安距離(建物がない半径30m)を確保する事ができ、消防の許可も得られたのでほぼ我が家の真上で打ち上げてもらいました。と、いっても家の目の前は太陽光が並んでいるので実際の打ち上げポイントは見えず、逆にそれが目隠しにもなりサプライズ企画が成功しました。
Screenshot_2017-05-09-06-55-50.jpg

さすがに打ち上げ作業は「田畑煙火」さんという専門の花火業者さんに依頼しました。準備に忙しくほとんどお話が出来なかったのですが、写真のように筒が並べられ、恐らく電子制御で点火です。打ち上げのタイミングもバッチリで大成功☆
DSC_1379.jpg

一通りご近所には事前に挨拶回りに伺ったので特にトラブルもなく無事終了しましたが、花火の音って非常に遠くまで聞こえるんですよね。しかも、この時期に打ち上げ花火をやる人なんて普通いないから近隣の方も恐らくビックリしたかもしれません。

なぜ打ち上げ花火をやろうかと思ったかというと派手に、他の家がやらなさそうな事をやりたかったから。そもそも保安距離を確保出来なければ話にならないので家の目の前で上げる事が出来る家は極少数であり、浜松まつりで個人的に本格的な打ち上げ花火を上げたのはこれまでの歴史でウチが初めてかも??

約1分でたくさんの諭吉さんが飛んでいきましたが、非常に盛り上がったのでやってよかったと思います。

事前に花火業者や消防に言われていた通り燃えカスが落下していたので翌日に燃えカスの回収もキチンとしてきました。

その他に注意を受けたのが太陽光パネルに燃えカスやチリなどが落下し、訴訟問題になった事例が多々あるとの事。今回の打ち上げポイント内にはマイ発電所が二基ありましたが、自分の持ち物だったので何か問題が発生しても自己責任。幸い、当日の風向きが北西だったので太陽光にチリや燃えカスの落下は全くありませんでした。

今回の経験で個人でも本格的な打ち上げ花火を上げてもらう事は可能、費用も思ったよりも高くない、打ち上げ花火といってもいろんな種類がありその種類によって消防への届け出が違う、メリットだけではない燃えカスや音などのデメリットがあるなどいろんなお勉強にもなりました。

花火以外にも地元で有名な焼き鳥屋さんの出張をお願いしたり、その他焼きそば、フランクフルト、たこ焼きなど大盤振る舞いしました。
DSC_1378.jpg

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント