スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム一旦保留

密かに進めていたマイホーム計画。
既に間取りがほぼ確定し、都市計画と農転を市役所に提出済。

ただ、問題は価格。。。
絞りに絞って現在、5500万円。
利息を含めた総支払額はナ、ナント7000万円。
アッ!土地は買っていませんが、この価格です。
全然豪華ではないんですけどね。。。

延床面積:51坪
施工面積:65坪

造成:150万円
ソーラーガレージ600万円
外構200万円
その他もろもろ・・・

土地自体が広いので外構と造成、その他費用が予想以上にかかっています。
ソーラーガレージを辞めれば一気にコストダウンとなりますが、
まるまる辞めてしまうと10kw以上の変更となってしまう為、出来ない。

2台分にすれば売電価格を維持しつつコストダウンは可能だが迫力に欠ける・・・。
と、いう事で3台分の10.92kwソーラーガレージの大きさはそのまま維持。
敷地が広いので建物だけでは逆に容積率に満たないらしく結局カーポートなどの建築物が必要に。

しかーし、私は役職にはまだまだほど遠い普通のサラリーマンなので
売電収入があるものの払えるか不安になってきました。
と、いう事で当初予定していた一旦保留にし、実家横にある離れを壊して
30坪程度の家を建築する方向でも考えています。

マイホーム用で26kwで申請してあった設備認定をそのまま捨てちゃうのは
勿体無いので分割回避の余剰野立てを目論んでいます。

【代替案】
第3発電所→家の設備認定分を余剰野立てに(32円で申請済)
第4発電所→遊休地に野立て(27円で申請)
第5発電所→新候補マイホーム屋根(27円で申請)

うーん、悩みます・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。