残りの壁塗り実施

おはようございます。
そらリーマンです。

メイン部分のDIY外構工事は終わっていましたがまだ最後の大物が残っていました。

それは北側の境界に施工したブロック塀。モルタル塗りの記事はコチラ

内側の面は4月の時点で塗り終わっていたのですが、裏面はなかなか時間が取れず、やっと今週の月曜日に塗り終わりました。

今までの教訓を活かしてブロックの目地部分だけを潰すように丁寧にモルタル塗りをしたのち、はみ出たモルタルを除去したのですが、事前にシーラーを塗った時点で内側同様やはり目地の部分が若干浮き出てしまいました。
DSC_1719.jpg

仕上げのアートフレッシュを塗ると目立たなくなるかも、と願いローラーで塗り始めましたがやはり目地部分だけは浮き出ています。写真の左側が一回目のアートフレッシュを塗った後、右側がアートフレッシュを塗る前のシーラー仕上げの状態です。
DSC_1720.jpg

内側はやむを得ずモルタル塗りからやり直しましたが、裏面にそこまで時間を掛けるわけにはいかないので妥協しました。気になるのは自分たちぐらいで他の人から見たら恐らく気にならない?と自分に言い聞かします。更に二度塗りする事で綺麗な白い壁に変身しました。
DSC_1724.jpg


北側の白い壁の上に突き出ている茶色の部分は坪庭部分の背面壁となっています。(写真の矢印部分)
DSC_1730.jpg

同じ白だとのっぺりしちゃいそうだったのでアクセントとしてブラウンを選定しこちらはアートフレッシュではなくジョリパットで塗りました。ジョリパットの方が厚みがあるので目地の凸凹が目立たなくなる利点があります。

それなら、全面ジョリパットで塗った方が良かったのかな?とも思いましたが、業者のアドバイスでは白さはジョリパットよりもアートフレッシュが勝り、リゾート感もアートフレッシュの方が凸凹がなくスッキリした感じになるようです。

励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント