スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョリパットとアートフレッシュどっちがいいの?

こんばんわ。
そらリーマンです。

我が家のブロック塀に使用したアートフレッシュとジョリパットについて書こうと思います。
DSC_1727.jpg

■アートフレッシュ
1缶あたり20kg入りでメーカーが開示している面積では1缶で20~33平米塗れます。
お値段は送料込み8,200円/缶(楽天価格)でした。

アートフレッシュはペンキみたいな感じなのでローラーで塗り塗りするだけですが、薄塗りなので二度塗り必須です。

我が家のブロック塀の全長は26mもある為、両面合わせて約100平米の面積があります。更にアートフレッシュは二度塗りが必要なので実際は200平米分の塗料が必要になります。しかし、実際塗るまでにどのくらい塗料を消費するか分からなかったのでとりあえず4缶購入しました。

結果、200平米塗ったにも関わらず消費した塗料はたったの2.6缶で1缶丸々余ってしまいました。結構べったり塗り一部凸凹が気になり過ぎて塗り直した部分もあったのにも関わらず、メーカー公表値の20~33平米に対して実際は2倍以上の76平米も塗れた事になります。

【メリット】
・ローラーでひたすら塗るだけなのでDIYにはオススメ。
・白さもジョリパットよりもアートフレッシュの方が白い。
・1缶で76平米塗れればコストパフォーマンスは高い。
・リフォーム(ジョリパット施工箇所の塗り替え)にも使える。

【デメリット】
・実際に塗った感じはやはり一度塗りでは下地が若干透けるのでやはり二度塗りは必須なので手間が掛かる。
・蓋をマイナスドライバーなどでこじ開ける必要があり、蓋の再利用が困難な為、長期保管には向かない。
・下地の仕上げ状態が荒かったり凸凹していると非常に目立つ。

■ジョリパット
ジョリパットも1缶あたり20kg入ですがパターンによって塗れる面積が違うせいかメーカーからは1缶でどのくらい塗れるか公表されていませんが、1缶で6~10平米っていうところでしょうか。缶の蓋をあけるとビニール袋の中に塗料が入っています。

お値段は送料込み6,485円/缶(楽天価格)でした。

実際に塗ってみた感じではアートフレッシュと比べると粘度が高いため、非常に塗りにくい。アートフレッシュはローラーで塗るだけですが、ジョリパットはローラーでは塗る事が出来ず、自分の場合は一度コテで塗ってからローラーで模様付けをしました。

どうもジョリパットも二度塗りが必要らしいが、自分は一度塗りでも十分と判断し二度塗りはしませんでした。というより、ジョリパットは1缶しか買っていなかったので二度塗り出来るほど余裕がなく(;´Д`)

ほとんど希釈しないで使った為、1缶で塗れたのはせいぜい12平米ぐらいです。なのでジョリパットで200平米塗ろうとすると16缶も必要っぽい。

【メリット】
・いろんなパターンが表現できる。
・1缶あたりのお値段はジョリパットの方が安い。
・塗り壁=ジョリパットというイメージが強くて有名。
・厚塗りが出来るので下地の凸凹は隠せる。

【デメリット】
・いろんなパターンを表現出来るがDIYでやるには限られる。
・吹付けや寒水石を入れてのパターン表現はDIYでは難しそう。
・粘度がある為、広範囲を塗るには結構な量を消費する。
・表面が乾燥しやすい為、手早く行なう必要あり。

■価格
アートフレッシュ:8,200円×2.6缶=21,320円
ジョリパット:6,485円×16缶=103,760円

■総評
どちらにもメリットとデメリットが存在するので甲乙つけがたいですが、コスト重視でいくなら圧倒的にアートフレッシュです。しかし、アートフレッシュは薄塗り向けなので下地の凸凹を隠したかったり模様を付けたい場合はジョリパットの方がよさそうです。

励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。