スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の電気代と売電収入

DSC_0382.jpg

まずは我が家の仕様からおさらいします。

屋根:20.16kw(72枚×280W)
ガレージ:11.76kw(42枚×280W)
合わせて30.24kw
パワコン容量:22.5kw
売電方式:20年間余剰
契約電力:10kA
契約プラン:Eライフプラン
家族形態:自分+妻(専業主婦)+子3人

早速ですが、引き渡し後半年間の我が家の電気代と売電収入デス。

jisseki.jpg

他の家と大きく違うのは30kwの搭載容量はもちろんですが、売電方式が全量買取ではなく余剰となっている点です。余剰でも10kw以上であれば全量と同じく20年間買い取って頂けます。

余剰なので、自宅で消費出来なかった余った電気を中電に売っているわけですが、30kwも搭載していれば余りまくるので売電収入平均12万円を得ています。対して中電に支払う電気代は7000円前後です。

dennkiryoukin.jpg

7000円が高いのか安いのか微妙ですが、中部電力のカテエネで同じ料金プランの家族や家族形態が似ている家族との比較が出来るのですが、半額以下の結果になっているのでやはりお得なのかな。

契約プランがオール電化向けに用意された深夜帯が安くなるEライフプランの為、日中の電気代は高いのですが、我が家の場合は大容量の太陽光パネルで日中はガンガン発電してくれているので日中に電気を使っても太陽光で賄えてしまうので下記のグラフの通り日中の電気代はほぼタダです。

電気使用グラフ

といってもこの時期は日中もエアコンを使っているのでその電気が消耗されていくのでその分得られる売電収入も目減りしていますが、もしこれが全量だったら日中の高い電気をわざわざ中電から買わないといけないので電気代を気にしながら生活しなければいけません。

でも、発電が弱くなる17時~から徐々に電気の消費量が多くなり、21時にピークを迎えます。

ただ、我が家の熱源はプロパンガスを使用しておりオール電化ではないので深夜にエコキュートを沸かしているわけでもないのでEプランの穏健を最大限に受ける深夜にあまり電気を使っていないんですよね・・・。

と、いいつつ冷蔵庫とコストコ用の冷凍庫、第1種換気、寝室のエアコンが稼働しているのでナイトタイムの時間帯もそれなりに消費していますね。

試しにカテエネで料金プランのシミュレーションも出来るのでやってみるとEライフプランより「スマートライフプラン(夜とく)」の方が更に安くなるっぽいです。

料金シミュレーション

5000円も安くなるなら近々「スマートライフプラン(夜とく)」に切り替えようと思っているのですが、Eライフプランは既に新規契約が出来ないプランなので一度変えたら元には戻せないリスクが伴います(;´Д`)

我が家の場合は野立ても一緒に作ったので分割対策でマイホーム側は全量ではなく余剰を選択したわけですが、とりあえず余剰にしといて正解でした。

電力計がスマートメーターだとカテエネでいろいろ見れるので便利です。

励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。