スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの増設NG?

第2発電所の増設を計画しており、業者経由で変更認定をお願いしました。
認定出力が変わらずパネル枚数のみの増設は売電価格据え置きでいけるみたいですね。

私の発電所はカナディアンソーラーの305wを使用しているのですが、既に305wパネルは生産終了してしまい、現在は310wが主流です。ただ、パネルの容量が変わってしまうと申請もレイアウトも複雑になってしまう為、305wパネルを何とか54枚分かき集めて頂き、業者にてストックして頂いています。

現在:54.9kw(180枚)→増設後:71.37kw(234枚)

で、追加契約をしてから承認が下りるまで首を長くして待っていたところ、1ヶ月半後にやっと営業さんから電話が来ました。内容を確認したところ、JPEAから雲行きが怪しいお達しがあったそう。。。

どうやら分割回避の為に野立て横に建築予定の住宅部分は余剰で申請したのですが、どーやらそれが分割案件に当たるのではないのか?って今更な回答が。いやいや、事前にJPEAと中電に何度も確認し、了承を得てちゃんと両方の設備認定も下りていますって。。最終的には中電からの「連系のお知らせ」を送って下さいと言われたのでJPEAに送りました。これでたぶん大丈夫なはず・・・。

JPEAも混んでいるみたいで27円案件の設備認定もまだ下りてきていません。
中電27円確定間に合うのか?・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。