地鎮水晶

私は知りませんでしたが、地鎮水晶ってご存知でしょうか?

嫁さんがどっかでマイホームについて鑑定してもらった際、土地を浄化するために水晶を土の中に埋めることを奨められたそうです。水晶=高いイメージがあったので自分は乗り気ではなかったのですが、手頃な水晶もあるという事なので一生に一度の事なので購入する事にしました。

早速楽天で検索してみたところ、確かに地鎮水晶というものが存在しました。大きさにもよるが、確かにそんなに高くはない。次によくショッピングモールの中に入っているストーンマーケットというお店に行ってみたところ、ショップ名の通り水晶を始めいろんな石が売っていました。目的の丸い透明な水晶ですが、生憎売り切れでしたが、値段が2000円~3000円程度とかなり安くて逆に本物?って疑ってしまう価格でしたが一応天然って書いてありました。水晶=綺麗な透明をイメージしますが、模様が入っていたりくすんでいたりするのでお手頃価格なのかもしれません。

地元にも水晶を扱っているお店があると嫁さんの母が調べてくれて行ってきました。そこで紹介されたのは丸い水晶ではなく予め砕かれた「さざれ水晶」というものでした。丸い水晶でもいいが安くて透明度があるものは人工水晶(本物の水晶には変わりはないが小さい結晶たちを人工的に丸くしたものであって天然ではない)であり天然水晶だと数十万円から高いもので数百万などピンキリらしいです。ちなみに嫁さんの母の知り合いは100万円以上の水晶を埋めたらしいですが。一般家庭で水晶を埋める人は少ないようですが、神社やお寺などには昔からの風習?で必ず水晶が埋まっているらしいです。

予算にも限りがあるので我が家の場合は「さざれ水晶」にする事にしました。ちなみにこの「さざれ水晶」にもランクがありますが、お手頃の3200円/kgのものにしました。土地が150坪あるので計10kg分購入。もし10kgの丸い水晶を頼んだら果たしていくらになるんだろう・・・。到底買える金額ではないことが予想できます。

次に丸玉水晶とさざれ水晶の使い方の違いです。

【丸玉水晶】
土地の中心に置くのが一番大きくて四隅(東西南北)はそれよりも小ぶりな基本5個セットで使用します。基礎工事で掘り起こされないようにする為、地中1mぐらい掘って埋めるそうですが、まずスコップで掘るだけでも大変そうです。

【さざれ水晶】
さざれ水晶は丸玉と違って自由に量や位置を決めれます。穴を掘って地中に埋めるのは丸玉と一緒ですが、まず土地の中心に丸玉と同じぐらいの500g程度の山を、四隅(東西南北)にそれぞれ250g程度、更に土地の中心と建物の中心が大きくズレる場合は建物の中心にも500g程度。残った水晶は節分の豆まきみたいに土地全体に巻いて浄化します。自分は10kg分購入したので十分に土地全体に行き渡ると思います。もし余ったら自宅目の前にある野立て太陽光の部分にも撒こうと考えています(笑)

水晶のブレスレットを手首に巻いている人がいるかと思いますが、それを家全体にっていうイメージです。浄化されているのか何か効能があるのかなんて目には見えませんし、感覚&気分の問題なので完全に自己満足の世界ですが今回は思い切って、やることに決めました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント