住設の見積もり

マイホームの住設の見積りが届きました。それなりにいいものを選んでいるので妥当といえば妥当ですが、定価はそれにしても高いですね。

キッチン150万円(水栓とコンロは施主支給のため未計上)
カップボード 59万円
洗面化粧台 94万円(2連ボウル)
ユニットバス 144万円(1.25坪)
トイレ 49万円(タンクレス&手洗い収納付)

住設ってよく売れるグレードの値引率は45%~70%とかなりいいみたいですが、数がなかなか出ない高級グレードは40%~45%引き程度なので値引率が渋いのが難点です。いつも思うんだけどこんだけ値引きしていたら定価の意味がないんじゃないの?ってつくづく思います。実際は販売店→ハウスメーカー→施主という流れで中間マージンを取っていくので売る側にとっては高額な定価が必要なんですかね。

次回はお得に購入できる施主支給について書こうと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント