スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム建築地の造成

マイホームを建てる場所は第2発電所のすぐ北側ですが、太陽光用地と同様、大雨が降ると道路が低くなっているせいで水が溜まります。対策として太陽光用地には300mmの盛土をしました。そしてもちろんマイホーム側も300mm程度の盛土をする予定でした。
しかーし、住宅会社からは420mmの盛土が必要と連絡が来ました。理由は排水の勾配を取る為とのことでした。理由が明確ならしょうがないですが、マイホームの接道には下水道がきていない為、このご時世にやむを得なく浄化槽を設置します。本来なら浄化槽の補助金が下りるはずですが、将来下水道の計画がある為、補助金は下りないと分けの分からない条例が立ちはだかり浄化槽工事に70万円の実費。トホホ・・・・・・

直接、市の担当部署に確認したところ、やはり該当地は下水道計画がある為、補助金は出せないとの回答。なら、「下水道工事をやって」とお願いしましたが、100mで1000万円程度の工事費が発生する為、予算もなく優先度も低いため、却下されました。。

今回、とりあえず浄化槽にしますが、いずれ下水道に切り替えた時の工事が最小限に済むようお願いしていたのですが、そうするには当初の浄化槽の位置から道路付近まで予め移動しておく必要があり、この関係で排水の勾配も変わり、最終的には455mmの盛土が必要に。下水道工事は1mいくらなのであとから遠いところから工事をやり直すと高額費用が掛かるのは目に見えているのでやむを得ません。

とりあえず北側の隣地境界に土留め工事をして頂きました。写真は配筋したところですが、既にコンクリートまで流して本日、型枠外しらしいです。が、依頼してあったのは当初の盛土420mmを考慮して土留のGLは470mmにて依頼。しかし、急遽盛土が455mmのなったので正直ギリギリですが、まぁそのままでもなんとかなるかな?ってとこです。。

DSC_0002.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。