スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡のショールームへ遠征

2週間ほど前の話になるのですがフローリングと建具の色を決める為に静岡県静岡市にあるウッドワンのショールームへ行ってきました。私の地元には営業所しかなく、小さいサンプルを取り寄せてもらって確認しましたが、イメージが沸かない、完成したら「イメージと違った」ってならないよう。

実は約半年前に既に愛知県豊田市にあるショールームへ行きある程度色決めをしていました。当初は「ウォールナット」で考えていましたが実際に施工してあるウォールナットの床を見て、嫁さんから微妙・・・と言われ「ブラックチェリー」の予定でいました。ただ、そこにはブラックチェリーを実際に施工した床はなくサンプルのみでの判断でした。

それから半年、間取りが変わって再度色決めをしなければいけなくなりどうせまたショールームに行くなら同じところより違うところの方がいいかなっていうことになり今回は静岡市のショールームに行きました。静岡のショールームには豊橋とは逆にウォールナットではなくブラックチェリーが施工されており、経年変化と日焼けで赤っぽくなっていました。

私たちはナチュラル系よりも濃い目の茶色が好みなので赤っぽくなってしまうと我が家のイメージにそぐわなくなってしまう為、却下という事になりました。悩みに悩んだ末「ウォールナット」にしましたが、部屋が暗くなってしまわないか若干心配ですがそこまで濃くないのでたぶん大丈夫かなと。ブラックチェリーとウォールナットの間をとって「チーク」というものがあり、なかなかいい色合いだったんですが、お値段が・・・。フローリングといってもフィルムシートのようなものではなく表面に0.6mmの無垢が貼ってある突板(複合フローリング)と呼ばれるものの為、表面の木材の種類によって値段が異なってしまうらしいです。ちなみに品名は「コンビットモノ4尺」というもので一枚の大きさが「長さ:1212×幅:152」とかなり幅広のものになります。

やっぱり小さいサンプルだけでは判断出来ないのでショールームへ直接出向いて自らの目で確認する事が大事ですね。ちなみに予約時間よりも1時間早く到着してしまったので近くにあるLIXILのショールームにも足を運びました。地元のショールームよりも広くて展示数も多く、色違い、設備違いもあったので行ってよかったです。LIXILのショールームに関してはまた行きたいぐらいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。