確定申告→訂正申告

H27年度分の確定申告の期日は2016/3/15だったので頑張って作成し、3/13にポストへ投函しました。が、、、これで無事に確定申告が終わったーーーというわけにはいかず・・・。

実は、20万円を超える雑所得があったのですが、無申告をしていました。ただ脱税ですし、あとあと税務調査があって通帳とか見られて高額な入金が何回もバレたら超過税も掛かるし青色申告にも影響してしまうのでやっぱり申告することにしました。

無申告申請ですが、事前にネットで調べたところ期日より2週間以内であれば訂正申告という形で受け付けてもらえるようです。H26年度も実は20万円を超える雑所得があったのですが無申告だったので合わせて提出をしてきました。本当ならば無申告課税として納める税金に対して5%徴収されるようですが、税務署でお話したところ、自己申告の場合に関して納める税金が10万円未満だったら無申告課税が掛からないという特例があるようです。自己申告の場合は5%ですが、指摘された場合は15%の課税と延滞料が重くのしかかってきます(汗)

H26年度分とH27年度分を合わせると○○万円の税金を納めなければいけないのですが、消費税の還付金がある場合はそちらから自動的に差し引きされて残った金額が還付されるようです。先にATMで大金を下ろして準備万端で税務署に行ったのですがf(^^;)

「税金は国民の義務」ちゃんと税金を納めないとダメですね。と、いうかサラリーマン控除の20万円なんてあっという間だと思うのですが・・・。これから太陽光での収入が増えるので税金もガッポリ取られるんだろうな・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント