重機の見積もり

芝張り後の転圧にプレートコンパクターのレンタルを考えています。

新品で10万円前後、安い中華製で4万円程度~売っていますが、使用頻度が高くないのでレンタルをしようと思いますが、どこで借りますかね?

普通のレンタカーだとトヨタ系、日産系、オリックス、ジャパレンなどが有名で、ホームページを覗けば分かりやすく料金表が載っています。しかし、重機関係は特殊車輌で相手(個人なのか法人なのか)、レンタル日数、取引数によって価格が変動すると思いますので、どこのレンタル会社のホームページを見ても一切金額が記載されていません。

重機系の地元の大手レンタル会社はニッケン、アクティオ、CAT、太陽建機など数社ありますが、とりあえず取扱機材が豊富そうな某レンタル会社に下記の見積りを取ってみました。下記の金額は個人の場合ですが、備忘録として残しておきます。

プレートコンパクター:800円/日

DSC_1192.jpg

ついでにユンボやダンプなどのレンタル費用についても聞いてみました。
ユンボ0.06(1.5tクラス):6000円/日
ユンボ0.04(1.0tクラス):4000円/日
2tダンプ:6000円/日
クレーン付き2tトラック:10000円/日(通称ユニック)
アルミブリッジ:500円(重機をダンプに載せる為の登坂板)
重機回送費:10800円/片道

上記の金額に加え管理費みたいなものが数百円ずつ取られますが、意外に安いのかな?ただ、上記は1日の料金なので何日借りるかにもよって金額が変わってきます。ちなみに重機を回送してもらうと回送費だけで10800円もするので用途によってはダンプも一緒に借りて載せた方が安いですね。ただ、業者みたいにダンプに載せる事は慣れていないので正直結構怖いと感じます。安全なのはセーフティーローダダンプやキャリアカーなどですかね。

とりあえず今回はプレートコンパクタとクレーン付きトラックを手配しました。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

芝生について

メインガーデンの壁泉の周り(土が見えているところ)は芝生を張ります。

DSC_1133.jpg

芝生も高麗芝や姫高麗芝などいろんな種類がありますが、我が家に張る芝は比較的手入れが楽と言われているTM9を近所のホームセンターで注文しました。しかし、まだ入荷はない状態での見切り発車です。

1488597591435.jpg

下記は参考価格ですが、TM9の価格はやっぱり野芝や高麗芝、姫高麗芝に比べると高価ですね。

姫高麗芝:598円
TM9:1,380円(ホームセンター)
TM9:1,900円(外構屋)
TM9:2,500円(造園業者)
TM9:1,188(楽天)+送料

楽天でもTM9を生産者から直接購入でき、そちらの方が新鮮で1束あたり1188円なので単価で見るとお買い得なのですが、大量の芝生を産地の鹿児島や鳥取から送られてくると送料だけで5万円もしてしまうので単価はホームセンターの方が高いけど送料を考慮するとホームセンターの方が安く買えます。

さて、芝張りを外構業者に依頼すると、いくら掛かるのか?我が家の外構を請け負ったピースフルガーデンと造園業者に見積りを取ってみました。

ピースフルガーデンだと2,000円/m2。

他の造園業者に直接依頼すると1,300円/m2。

上記は共に高麗芝の場合の価格ですが、依頼する先によっても大きな差があります。そして姫高麗芝をTM9にランクアップすると材料費が上がった分だけ加算されます。自分でやれば材料費だけで済みますが、あとは体力と根気あるのみ。

とりあえずホームセンターでTM9を注文したものの納期が未定です。ピースフルガーデンに相談したところ、ウインターフィールドという高麗芝の改良品種を紹介され、TM9と同等品種でありながらも1,300円/束とお手頃価格で、納期も早い。続いて造園業者に相談したところ、つくばグリーンという野芝の改良品種を紹介され、こちらもTM9と同等の特徴を持っており、800円/束とかなりお安かったです。

悩みに悩んで、ホームセンターのTM9がキャンセル可能だったので最終的につくばグリーンにしました。今週の土曜日に引き取りに行き、土日月火のどこかで芝張りをしようと思います。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

e-Taxで確定申告送信

本日3月15日は確定申告の締め切り日ですね。

住宅ローン控除と消費税還付申告に関する明細書について書き方が分からなかった為、昨日はサラリーマンをお休みをし、確定申告の相談が出来る窓口へ行ってきました。

中途半端な時間に行くと混むので開始時間の9時前に行ったところ、既にかなりの人数が列を作っており、案内されるまで30分以上待ちました。

1489449162837.jpg

住宅ローン控除についてはチャチャっと済ませましたが、源泉徴収額や配偶者控除を入れるのを忘れておりました。ふぅー気づいてよかったです。

次に本題の消費税明細書について書き方を聞きました。書き方は何となく理解でき、実際に金額を用紙に記入していったのですが、何故か「消費税確定申告書」の金額と合わない・・・。なんだかんだ税務署の方に1時間ぐらい対応してもらいましたが、結局解決できず、再度家で青色申告ソフトで自動計算されてくる金額と見比べ、、、やっぱり合わない。

青色申告ソフトは弥生の青色申告を利用しているのですが、まずオンラインのデータをデスクトップ版にインポートしても双方で何故か金額が合わない。サポートセンターに電話しながら的確なアドバイスを頂いたのですが、それでも解決できず。

デスクトップ版なら消費税明細書も同時作成出来るのでデスクトップ版を買ったのに使い物にならず。最初からデスクトップ版を使っていたらこんな事にならなかったのかもしれませんが、やむを得ずオンラインを継続する事にしました。

消費税申告の期限は3月末までなので金額が合わない件はもう少し原因調査をしてみようと思いますが、そこまで大きな差ではなく、もし間違っていたら連絡が来ると思うのでとりあえずこのまま申請する事にしました。

2013-06-27_115323.jpg

そして今年からマイナンバーカードでe-Tax送信に試みました。一度固定資産税のLe-Taxも体験済だったのでそれほど難易度は高くありませんでした。自宅に居ながら申告書を送信出来るのはいいのですが、今回は住宅ローン控除を受けるために多数の書類の原本を郵送しないといけないのが面倒です。(一部の書類はPDFで添付送信出来るようです)

ふぅーとりあえず今年度の確定申告から開放されそうです。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

住宅ローン控除MAX50万円!!

確定申告に合わせて住宅ローン控除も申請します。

住宅ローン控除の詳細は他のサイトで詳しく載っているので省きますが、簡単に言えば、住宅ローンの残高の1%が10年に渡って還付されるものです。。

我が家の場合は長期優良住宅なので10年間で最大500万円(年間50万円)控除されます。

しかし、誰でも年間50万円の控除を受けられるわけでもなく、MAX50万円の控除を受けるには最低限5000万円以上の住宅ローンを組んでいる必要があり、更に500万円の控除を受けるにはローン残高が10年後も5000万円以上残っていないとMAX500万円には到達しません。恐らくMAX500万円の控除穏健を受けるには8000万円以上のローンを組んでいないとダメですね。

まぁ一般の人はここまで組んでいないので単純に年末残高の1%が控除出来ると思っていればいいでしょう。例えば年末残高が2000万円なら20万円、3000万円なら30万円、4000万円なら40万円。

で、我が家の場合は年末に融資が実行されたばかりで年末残高がたくさん残っているので今年と来年あたりはMAX50万円控除できます=ある程度我が家の金額と借入金が分かってしまいますねf(^^;)

最初は50万円控除されますが、その後は年々残高が減っていくので10年後の控除額は35万円ほどになりそうですが。

kakutei20170311.jpg

ちなみに我が家の場合はフラット35Sが90%、変動金利10%の組み合わせです。住宅ローン控除は両方の年末残高証明書があれば合算して申請が可能なようですので合算申告します。

他にも火災保険に付随する地震保険も控除出来るので出来るものはどんどん控除していきます。

住宅ローン控除の注意点としては借り入れ金額と請負金額のどちらか低い方で申請していきます。よって建物以外に家具や家電、その他費用として多めに借りている人は注意が必要です。例えば、銀行から4000万円借りたとしても請負契約書に記載されている金額が3500万円だとすると住宅ローン控除は4000万円の1%ではなく3500万円の1%となります。たかが1%ですが、金額が大きいのでこれだけで5万円の差となり10年スパンでみると50万円も違ってきます。

銀行側も請負契約書に記載されている金額までしか貸してくれない事が多いので多めに借りたい場合は請負契約書の金額を多めに見積もってもらう事が多いのではないでしょうか?もし借入金よりも請負契約金の方が低ければ追加請負契約書を発行してもらえばOKです。ちなみに我が家の場合は追加工事や外構費が大きく膨らんだ為、当初の請負金額に加え、増額分の追加請負契約書を発行して頂きました。

住宅ローン控除の方法ですが、毎年1月~2月ぐらいに説明会があったりしますが、自分は自分でやり遂げました。なんか難しいイメージがありますがネットで「住宅ローン控除 書き方」って検索すれば書き方の例が出てきます。請負契約書と年末残高証明書があれば30分ほどで完了です。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村

確定申告準備中

確定申告の期限が15日なのでほとんど時間がありませんが、頑張って確定申告の書類を作成中です。手書きというより青色申告ソフトにひたすらデータ入力ですが、何とかゴールが見えてきました。ほぼほぼ入力し終わっているので最後に仕訳帳と通帳とのお金の流れを照らし合わせるだけです。

81jtATdF0hL.jpg

実はデスクトップ版の青色申告ソフトをわざわざ購入したのですが、オンライン版の方が使いやすい為、そのままオンライン版を使用しています。一応オンラインのデータをデスクトップ版にインポート出来たのですが、手直しが必要な部分がたくさんあったり去年の報告書と金額が合わなかったり・・・。

デスクトップ版のメリットは消費税還付の申告も一緒に出来る点ぐらいでオンラインの方が画面がシンプルなので、私みたいな初心者には使いやすいです。でも、ダブルで料金を払うのはバカバカしいのでどちらかに決めなければ。

また、今年はマイホームを建てたので住宅ローン控除や地震保険控除も一緒に申告します。

残念ながらどのカテゴリもランクが非常に下位になってしっまっています。励みになりますので応援おねがいします。。
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


にほんブログ村